閉じる

製造スキルアップ

  • ものづくり基礎から徹底コラム編

    ダ・ヴィンチも描いた工作機械

    第47回 マザーマシンと呼ばれる工作機械

     旋盤やフライス盤、マシニングセンターといった工作機械は「マザーマシン」と呼ばれています。世の中の「もの」を造り出す機械部品は全て工作機械で造られていることから、「母なる機械」の意味を持ちます。多くの工作機械の中で最も歴史が古いのは旋盤と言われており、1500年頃の伊レオナルド・ダ・ヴィンチのスケッ…

  • IoTを活用した「ビジネスモデル」のつくり方

    IoTコンセプトの10のポイントとは

    第6回 IoTのビジネス設計(ビジネスモデル作成)その3

     前回は、IoT(Internet of Things)ビジネス設計(ビジネスモデル作成)のポイントとして、「IoTの階層(レイヤー)の整理」について解説しました。今回は、「IoTコンセプトの10のポイント」について取り上げたいと思います。

  • 設計力の魂

    設計は「画竜点睛」を欠いてならない

    第31回 「お客様満足度100%」の2つの見方

     「日経ものづくり」2018年1月号の特集「日本品質 復活への道」が目に留まった。昨年の12月号に引き続き、品質データ偽装などの品質不祥事を取り上げている。不祥事に共通する課題を見出し、その対応策を提言していた。

  • 3Mで学んだ脳科学活用マネジメント

    イノベーションは設計でマネジメントできる

     厳しい競争の中、日本のメーカーに求められているのは、新しい価値を生み出すためのイノベーションである。しかし、これが難しい。「付加価値の高い製品を開発せよ」「顧客が感動する製品を造れ」「今までと同じじゃダメだ。何か新しいことを考えろ」などと経営陣やマネジャーが指示を出しているが、具体性に欠けているの…

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    世界トップに立った中国スマホ半導体、猛スピードで進化

    テカナリエ 清水洋治氏の講演から

    前回に引き続き、中国半導体メーカーの実力を解説した、テカナリエの清水洋治氏(代表取締役 上席アナリスト)による講演内容の一部を紹介する。今回は、中国Huawei社のスマートフォン「P8」「P9」「Mate 9」、中国HiSilicon社のスマホ用プロセッサー「Kirin 935」「同955」「同96…

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    わずか6年で世界トップに、中国半導体メーカーの実力

    テカナリエ 清水洋治氏の講演から

     「中国とどう向き合うか。真剣に考えるべき」。技術者塾「半導体チップ分析から見通す未来展望シリーズ」で講師を務めるテカナリエの清水洋治氏は、その重要性を指摘する。中国の強みといえば、かつては「コスト」や「人口・市場」と言われていたが、最近では技術やサービスの競争力が急速に高まっている。特にハイテク分…

  • 「イノベーション=技術革新」ではない

    モジュール化分業は、イノベーションそのもの

    どんな産業であれシステムは複雑化し、分解しなければ扱えなくなる。技術進化の方向としてモジュール化は避けられない。モジュール化による分業は、イノベーションそのものだ。

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    ダイシングってサイコロを振るの?

    半導体テスト技術者検定2級問題【設計と製造5】

    今回もパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級」の「設計製造」分野の問題を紹介する。 今回紹介するのは、ダイシングに関する問題である。ダイシングは半導体の後工程における重要な工程の1つであり、これがなければチップを作ることはできない。

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    変わる熱設計、環境変化にダイナミックに対応

    「熱設計完璧マスターシリーズ」の講師、国峯尚樹氏に聞く

    自動車の電動化が進み、電子装備は増え続けている。電子装備の小型化による放熱性の悪化が進み、製品の設計初期から熱マネジメントを考慮することが必要になっている。また、製品開発競争が激化しているIT機器や電子機器では、熱で製品が動かなくなったり、低温やけどを招いたり、深刻な影響を与えるようになってきた。発…

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    ノイズ対策、どう取り組む?

    「車載機器のノイズ対策/EMC設計マスターシリーズ」の講師、河村隆二氏に聞く

    自動車に数多くの半導体デバイスが搭載されるようになり、EMC性能の確保は難しくなるばかりだ。また、自動運転やセンサー技術の進化により、より高速なインターフェースを用いた通信が必要となっている。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る