閉じる

ITセキュリティ

  • ニュース

    標的型攻撃の兆候を検知、カスペルスキーが法人向けEDR製品

     ロシア カスペルスキーの日本法人であるカスペルスキーは2018年5月31日、法人向けEDR製品「Kaspersky Endpoint Detection and Response」のパートナー経由での販売を開始した。標的型攻撃の兆候を早期に検知できる点を特徴とする。

  • 辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿

    パスワードの定期変更は「不要」か NISTのセキュリティ文書を徹底分析

    [第39回]

     ここ1年の間に、「パスワードの定期変更は不要」という趣旨の記事や公的機関のレポートをよく見かけるようになりました。多くの記事は、2017年7月に2年ぶりに改訂された米国の国立標準技術研究所(NIST)が発行する文書群「SP800-63」シリーズを根拠としています。本当に不要なのでしょうか。今回はこ…

  • NEWS close-up

    7カ国約1000人のセキュリティ担当者を対象に調査

    セキュリティ人材にはゲーマーが向いている 回答者の7割以上が「経験なくても雇いたい」

     「セキュリティ人材には、ゲーマー(コンピュータゲームを趣味にしている人)が適している」。セキュリティベンダーの米マカフィーは2018年4月上旬、7カ国約1000人を対象にした調査結果を発表した。回答者の9割以上が、ゲーマーはサイバーセキュリティの仕事に必要なスキルを備えていると考えているという。

  • いまさら聞けない定番技術

    ブロックチェーン

    ネットワークで「信頼性」を生み出す仕組み

     ブロックチェーンは、ネットワーク上に存在する数多くのコンピュータを使って特定の情報の信頼性を担保する技術だ。仮想通貨「ビットコイン」で最初に使われたため、仮想通貨専用の技術だと誤解されることがあるが、仮想通貨以外の用途でも利用できる。例えば、決済などの一般の商取引や第三者証明、投票などだ。

  • GDPRの基本

    GDPR対応プロジェクトは対話重視で、勉強会やツール活用が有効

     GDPR対応のコアメンバーの会議でプロジェクト計画が決まれば、正式に各部門のプロジェクトメンバーをアサインする。

ホワイトペーパー

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

運用管理

ネットワーク/通信サービス

もっと見る