閉じる

住宅

  • ニュース

    パナソニック、太陽光でお湯を沸き上げ、「FIT切れ」に対応

    パナソニックは、HEMS(住宅エネルギー管理システム)製品「AiSEG2」のバージョンアップをし、3月21日から発売する。AI(人工知能)により太陽光発電システムの余剰電力をより有効に活用できる「AIソーラーチャージ」機能などを新たに備えた。

  • ニュース

    パナソニックのHEMS、Google Homeに対応

    パナソニックのエコソリューションズ社は、同社のHEMS(家庭用エネルギー管理システム)製品「AiSEG(アイセグ)2」に接続できる家電や住宅設備機器を、米Google社のスマートスピーカー「Google Home」を含めて14社27機種へ拡充する。従来は4社23機種だった。

  • 速報

    パナソニックがHEMSを強化、家電遠隔制御の拡充など実現へ

     パナソニック エコソリューションズ社は2018年1月16日、HEMS(Home Energy Management System)用製品「AiSEG2」の機能を強化すると発表した。

  • レポート

    衣類折り畳み機「ランドロイド」出荷延期のワケ

    ツルツル・ごわごわのハンドリングに苦戦

    世界初の家庭用の自動衣類折り畳み機として注目を集めている「ランドロイド」。乾いた洗濯物を本体下段のボックスに投入すると、画像認識技術や人工知能(AI)、ロボット技術を駆使して、洗濯物の種類を識別し、畳んで仕分けしてくれる。当初は2017年度内の出荷開始を予定していたが、2018年度に延期となった。開…

  • 居住者の行動きっかけに建材・設備を自動操作

    居住者の行動や音声をきっかけに、住宅内の建材や設備、家電製品などが自動で操作できるIoTシステムをLIXILが発表した。2018年4月から販売する予定だ。競合企業の製品とも連携可能にする方針だ。

  • AIスピーカー日本上陸、APIが家電を支配する 第1部:全体動向

    本命はホームIoT、AIスピーカーは前座

    日本でも製品化ラッシュを迎えたAIスピーカーは、「ホームIoT」や「コネクテッドホーム」と呼ばれる潜在的には巨大な市場の前座にすぎない。これまで何度も期待されながら離陸しなかったコネクテッドホーム市場は、欧米で急速に拡大しつつある。AIスピーカーとホームIoT機器の今後の位置付けを紹介する。

  • Hot News

    異業種が引っ張るCEATEC、電機業界とIoTで結びつく

    来場者数は9年ぶりの高水準

    2017年10月3〜6日に国内最大級のエレクトロニクス業界の展示会「CEATEC JAPAN 2017」が開催された。公表された来場者数は15万2066人と、昨年から約7000人増加した。1日当たりの入場者数は約3万8000人で、2008年以来の多さという。

  • ニュース

    実質負担ゼロで太陽光、ZEH拡販でLIXILと東電が新会社

    LIXILと東京電力エナジーパートナー(東電EP、東京都港区)は9月21日、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の拡販を目的とした合弁会社「LIXIL TEPCOスマートパートナーズ」(東京都江東区)を設立し、太陽光発電システムと電力販売をセットにした新サービスを提供すると発表した。

  • 欲しい材料は「波」で作る 第2部:人工光合成

    大規模プラントから住宅まで、2030年前後の稼働を目指す

    温室効果がある二酸化炭素を削減しながらエネルギー源や材料を製造できるとあって、「人工光合成技術」の研究開発が活発である。その結果、同技術は大きく進展。実用化への道を着実に歩み始めた。大規模プラントに向けた研究開発や実証住宅の稼働が始まる。

  • ニュース

    パナソニック、太陽電池事業を再編、セル販売に参入、テスラと協業も

    パナソニックは9月7日、太陽電池事業(ソーラー事業)の競争力強化に向けた構造改革について公表した。太陽光パネル(太陽電池モジュール)販売中心から、セル(発電素子)単体のデバイス販売に乗り出す一方、滋賀工場を閉鎖する。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る