閉じる

住宅

  • ニュース解説:建築・住宅

    オーナーに聞く「かぼちゃの馬車」に乗った理由

    シェアハウス投資に一般の会社員を誘った手法

    女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」などを運営する不動産会社スマートデイズが経営破綻した。同社はオーナーからシェアハウスを一括で借り上げ、転貸するサブリース事業で急拡大した。オーナーは高所得の会社員が多く、750人を超えるとみられる。なぜ、オーナーらはかぼちゃの馬車に投資をしたのか。実際に物件を所…

  • IoT住宅はうまくいくか

    AIスピーカーと直接つながっていない家電、なぜ声で操れるのか

     「アレクサ、リビングの電気を消して」。こんな具合に自宅で声を発すれば、AI(人工知能)スピーカーを通じて家電や住宅設備を操作できる。声による操作なら数秒で済む。リモコンを探したり、スマートフォンを手にしてアプリを立ち上げたりするよりも早い。

  • ニュース i-Construction

    幅0.05mm以上のひび割れを100%自動検出

     大林組は、富士フイルムのAI(人工知能)による画像解析技術を利用して、高性能カメラで撮影した画像からコンクリート表面のひび割れの幅と長さを自動検出する手法を開発した。自動検出技術の課題であった計測精度や作業時間を、大幅に改善する。

  • ニュース解説:建築・住宅

    建築学会賞作品賞、2018年は「該当なし」

    「時代を画すると目する」条件満たせず

    日本建築学会は4月18日、2018年日本建築学会賞を発表した。作品賞は「該当作なし」の結果となった。

  • 建築単価ウオッチ

    躯体が7カ月連続で上昇、高齢者福祉施設

    コスト&プライス2018年2月期

     2月期の鉄筋コンクリート造(RC造)高齢者福祉施設は、建築費指数でみると躯体の上昇が顕著だ。2017年8月に始まった前月比プラスは、今期で7カ月連続となる。日経 xTECH(クロステック)有料会員限定のコラム「建築単価ウオッチ」で詳しく解説する。このコラムは、一般財団法人建設物価調査会が調査・分析…

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る