閉じる

パワーエレクトロニクス

  • 到来!蓄電池社会

    EVも積もれば仮想発電所、AIやブロックチェーンが活躍

     仮想発電所(VPP)の覇権を巡る競争が、国内外で始まっている。VPPサービスを担う事業者となるリソースアグリゲーター(RA)は雨後のタケノコのように出現。

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    組込み自己テストって何を組み込むの?

    半導体テスト技術者検定2級問題【設計と製造7】

     今回もパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級」の「設計製造」分野の問題を紹介する。今回紹介するのは、組込み自己テストに関する問題である。

  • PCIM Europe 2018

    日本のGaN素子技術、欧州のパワー半導体最大手で花開く

    Infineonがパナソニックの技術を基に18年に量産開始

     パワー半導体最大手のドイツInfineon Technologies(インフィニオン・テクノロジーズ)が、GaNパワー素子の量産を2018年第4四半期に始める。GaNパワー素子の製品化はこれまで、SiのパワーMOSFETのような低耐圧のパワー素子を手掛けるアナログ半導体企業や、新興企業が中心だった…

  • パナソニック 101年目の挑戦

    パナソニック、新開発手法で2次電池の競争力強化へ

     パナソニックは、Li(リチウム)イオン電池の性能を効率的に向上する手法を開発、2018年にも実用化する。2020年代前半の市場投入が期待される全固体電池や、一層の性能向上が求められる既存Liイオン電池の戦略的開発基盤に仕立てる。同社が注力している車載電池事業などで、他社の追随を許さない競争力の確立…

  • SID 2018

    マイクロLEDを革新、ノーベル賞・天野教授のナノロッド技術

    鵜飼育弘のSIDシンポジウム報告

     ディスプレー分野で世界最大の学会「SID 2018」(5月20日~25日、米国ロサンゼルス)のシンポジウムで、筆者が興味を持ったシンポジウムの講演を報告するシリーズ。第2回は基調講演の中から、2014年にノーベル賞を受賞した名古屋大学 未来材料・システム研究所所長の天野浩教授の講演を取り上げる。

  • 2018 Elevate Summit

    ウーバーCEOが語る、「空飛ぶタクシー」実現のシナリオ

    「2018 Elevate Summit」でのCEOインタビューから(後編)

     Khosrowshahi氏:ご指摘の通り、事業を拡大する上でパイロット不足が最大の課題になるでしょう。uberAIRでは、安全かつ快適な移動サービスを提供するために、サービス開始直後にはパイロットを必要とします。

  • 人とくるまのテクノロジー展2018

    日本ケミコンが新キャパシタ―、車載電源のバックアップ向けに

    2018年夏から量産へ

     日本ケミコンは、車載電源のバックアップに向けたリード形電気2重層キャパシター「DKAシリーズ」を「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(2018年5月23~25日、パシフィコ横浜で開催)に展示した。2018年夏に量産を開始する。

  • 2018 Elevate Summit

    ウーバーはあの事故で何を学んだか、CEOが語る

    「2018 Elevate Summit」でのCEOインタビューから(前編)

    ライドシェアを身近にした配車サービス大手の米ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)が、都市内や都市近郊の短距離移動に向けた空のライドシェアサービスの実現に向けた動きを活発化している。Uberは、空のライドシェア「uberAIR」を、2023年に開始することを目指している。その目…

  • ニュース

    Infineonがパワー半導体で300mm対応の新工場、16億ユーロを投資

    ドイツInfineon Technologiesは、口径300mmのSiウエハーを利用したパワー半導体素子の量産体制を強化する。オーストリアのフィラッハの拠点に、300mm対応の新工場を建てる。

  • ニュース

    都営浅草線に新型車両「5500形」が登場

     東京都交通局は2018年6月30日、浅草線で20年ぶりの新車となる新型車両「5500形」の営業運転を開始する。2017年12月に「都営フェスタ2017 in 浅草線」で公開した後、試運転や調整を重ねてきた。営業運転開始後は順次、浅草線車両の全27編成(1編成は8両)を新型車両へ置き換えていく。

  • ニュース解説

    ロームが新発想の昇降圧DC-DCコン、クルマ蓄電池へ

     ロームは、Pb(鉛)蓄電池(バッテリー)の12V出力を5Vに変換する車載用プライマリー電源用途に最適化した昇降圧型DC-DCコンバーター用チップセットを開発した。同社は、このチップセットを「Quick Buck Booster」と呼ぶ。降圧型DC-DCコンバーターIC「BD8P250MUF」と、昇…

  • 2018 Elevate Summit

    「まるで未来都市」Uberが空飛ぶタクシーのインフラ公開

    2MWの急速充電も開発

     「エアタクシー」や「空のライドシェア」に関する米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)のカンファレンス「2018 Elevate Summit(the 2nd Annual Uber Elevate Summit)」(2018年5月8~9日、米国ロサンゼルス)では、空のライド…

  • ニュース

    金沢大学と産総研、ダイヤモンドの高速エッチング技術、パワー半導体利用に道を拓く

     金沢大学と産業技術総合研究所(産総研)はダイヤモンドを高速にエッチングする技術を開発したと発表した。高温水蒸気雰囲気下におけるニッケルへの継続的な炭素固溶反応を用いて高速・異方性エッチングする技術で、従来のプラズマプロセスに比べて高速で、ダイヤモンド自体にダメージを与えない利点がある。

  • 2018 Elevate Summit

    自動運転の次は「空のライドシェア」、Uberが狙う交通革命

    「2018 Elevate Summit」が開幕

     ライドシェアを身近にした配車サービス大手の米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)。さらなるサービス拡大に向けて、自動運転技術の開発に力を入れている。実はもう1つ、同社が次の事業の「柱」に育てようと注力している分野がある。それが、都市内や都市近郊の短距離移動に向けた「空のライ…

  • 2018 Elevate Summit

    「空のウーバー」向けに、アッと驚くコンセプト機

    「Uber Elevate Summit」から

     「今まで見たことがない斬新なデザインだ」――。航空機分野のある技術者は驚きを隠さない。彼をそうさせたのは、「エアタクシー」や「空のライドシェア」に関する米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)のカンファレンス「2018 Elevate Summit(the 2nd Annua…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る