閉じる

パワーエレクトロニクス

  • ニュース解説

    攻める日本電産、ロボット主力部品・減速機の生産能力を40倍に

    株主総会から

     「減速機はロボットのキーパーツ。ロボット市場が拡大するのに合わせて、減速機市場は今後大きくのびていく。ロボット向け減速機には旺盛な需要があり、既に需給がひっ迫している。現在、生産能力を急ピッチで増強しており、従来の約40倍にする」――。日本電産会長 兼 最高経営責任者(CEO)の永守重信氏は、20…

  • ニュース解説

    フォルクスワーゲンが2025年までに全固体電池を実用化へ

    米企業に110億円出資

    ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン:VW)は、米QuantumScape(クアンタムスケープ)と提携し、QuantumScapeが開発中の全固体電池を2025年までに実用化することを目指すと発表した。

  • ニュース解説

    「今はホワイト企業の代表」、日本電産株主総会で「永守節」全開

     日本電産は2018年6月20日、京都市で第45期定時株主総会を開催した。同社の創業者である永守重信氏が登壇し、今後の事業計画などを解説。同日に、取締役会での決議を経て、吉本浩之氏が代表取締役社長 兼 最高執行責任者(COO)に就任。この結果、永守氏は社長から退き、会長 兼 最高経営責任者(CEO)…

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    究極のIoT時代がやって来る

    パワーデバイスの未来を描く思考回路III #5

     究極のIoTは、政府機関や地方自治体における行政サービスとして利活用するのが、最もふさわしいのではないでしょうか。ある北欧の小国が、行政サービスのほとんどをインターネット上で提供するようになったと聞きました。

  • PCIM Europe 2018

    「日立陣営vs三菱陣営」、産業用パワーモジュールの勢力図に変化

    三菱陣営にCreeと富士電機が加わる

     産業機器や鉄道、再生可能エネルギーなどに向けた産業用高出力パワーモジュールの新世代品を舞台に、パワーデバイスの大手企業が激しい主導権争いを繰り広げている。パッケージの種類によって、陣営は大きく2つに分かれる。ドイツInfineon Technologiesと三菱電機を中心としたグループと、スイスA…

  • 到来!蓄電池社会

    EVも積もれば仮想発電所、AIやブロックチェーンが活躍

     仮想発電所(VPP)の覇権を巡る競争が、国内外で始まっている。VPPサービスを担う事業者となるリソースアグリゲーター(RA)は雨後のタケノコのように出現。

  • パワーデバイスを安心・安全に使う勘所

    組込み自己テストって何を組み込むの?

    半導体テスト技術者検定2級問題【設計と製造7】

     今回もパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級」の「設計製造」分野の問題を紹介する。今回紹介するのは、組込み自己テストに関する問題である。

  • PCIM Europe 2018

    日本のGaN素子技術、欧州のパワー半導体最大手で花開く

    Infineonがパナソニックの技術を基に18年に量産開始

     パワー半導体最大手のドイツInfineon Technologies(インフィニオン・テクノロジーズ)が、GaNパワー素子の量産を2018年第4四半期に始める。GaNパワー素子の製品化はこれまで、SiのパワーMOSFETのような低耐圧のパワー素子を手掛けるアナログ半導体企業や、新興企業が中心だった…

  • パナソニック 101年目の挑戦

    パナソニック、新開発手法で2次電池の競争力強化へ

     パナソニックは、Li(リチウム)イオン電池の性能を効率的に向上する手法を開発、2018年にも実用化する。2020年代前半の市場投入が期待される全固体電池や、一層の性能向上が求められる既存Liイオン電池の戦略的開発基盤に仕立てる。同社が注力している車載電池事業などで、他社の追随を許さない競争力の確立…

  • SID 2018

    マイクロLEDを革新、ノーベル賞・天野教授のナノロッド技術

    鵜飼育弘のSIDシンポジウム報告

     ディスプレー分野で世界最大の学会「SID 2018」(5月20日~25日、米国ロサンゼルス)のシンポジウムで、筆者が興味を持ったシンポジウムの講演を報告するシリーズ。第2回は基調講演の中から、2014年にノーベル賞を受賞した名古屋大学 未来材料・システム研究所所長の天野浩教授の講演を取り上げる。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る