閉じる

新車レポート

  • ニュース

    日産が商用EVを改良、リーフの電池で300km走行

    容量40kWhのリチウムイオン電池を搭載

    日産自動車は2018年4月19日、商用の電気自動車(EV)「e-NV200」を部分改良し、同年12月に発売すると発表した。乗用EV「リーフ」と同様の容量40kWhのリチウムイオン電池を搭載することで、1充電あたりの航続可能距離を約3割延ばして300kmとした(JC08モード)。価格は395万4960…

  • ニュース

    ホンダが新たな「N」を発表、開口部を広げたバン型

    2018年夏に発売予定

    ホンダは軽自動車「N」シリーズに新たな車両を追加する。新型車両の名称は「N-VAN(エヌバン)」で、既存の「アクティバン」に代わるモデルと見られる。サイドドアなどの開口部を広げて、商用車としての使いやすさを追求したのが特徴だ。2018年4月20日に概要の一部を公開し、同年夏に発売する計画を発表した。

  • 北京モーターショー2018

    レクサス、新型「ES」を世界初披露

     トヨタ自動車は2018年4月18日、「北京モーターショー(Auto China 2018)」(一般公開日:2018年4月27日~5月4日)に、レクサスブランドの新型「ES」を出展すると発表した。“ラグジュアリー”の本質を再定義し、「上質な快適性」をさらに進化させた。魅力的なデザインと先進技術を使っ…

  • 新車レポート SUBARU フォレスター

    SUBARUのフォレスター、熱間・冷間プレスのテーラードブランク材を同社初採用

     SUBARU(スバル)は、全面改良によって5代目となる中型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「フォレスター」の米国仕様車に、熱間プレス材と冷間プレス材で構成するテーラードブランク材を同社として初めて採用したことを明らかにした。

  • X2

    BMWの小型SUV「X2」、「X1」よりも全長短く扱いやすく

    ターゲットは40歳未満の都市生活者

     ドイツ・ビー・エム・ダブリュー(BMW)の日本法人は2018年4月16日、クーペタイプの小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「X2」を発表した。40歳未満のアクティブなライフスタイルを持った都市生活者を主なターゲットとしたクルマで、同社はSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)と…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る