閉じる

新産業

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    パナソニック、スタジアムのエンタメ化に学ぶ「コトづくりの肝」

    いよいよ今日、サッカー日本代表が「2018FIFAワールドカップ ロシア」で初戦のコロンビア戦を迎える。今回は本番直前の監督交代もあり、戦前の評価は高くないが、さすがに4年に1度のW杯だけあって注目度は高い。

  • ニュース

    とがった物でもなんでもつかめる膜袋型ロボットハンド

     東北大学らの研究グループは、とがった物体や複雑形状物、脆弱物体など多様な物体をつかむことができるロボットハンドを開発した。ハンドの袋の素材に柔軟な防刃生地を使用することで耐切創性・耐久性・柔軟性を兼ね備え、つかむ対象だけでなくハンド自身も傷つけずに作業を行うことができるという。内閣府総合科学技術・…

  • 研究員の眼

    だからヒットは生まれない

    地方発の商品開発が陥る作り手目線の罠

     地方発の商品開発の事例が最近増えている。東京のコンビニチェーンであるナチュラルローソンで発売された「美活の出雲ハーブクッキー」。島根県出雲地方で古くから薬草として知られるアカメガシワやハトムギなどを練り込んで、美容健康意識の高い都市部の働く女性に向けた商品になっている。2016年9月に発売した「食…

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    データ駆使してケガ減らす、サッカーで証明「GPSデバイス」の価値

     世界レベルのサッカー選手が一堂に会する、4年に1度のスポーツの祭典「FIFAワールドカップ(W杯)」。その舞台裏ではいまや、選手やボールを追跡して動きをデータ化するトラッキングシステムなどさまざまな先進テクノロジーが導入され、チームの強化や選手のスキルアップなどに活用され始めている。

  • Emerging Tech

    超高出力モーターで垂直離陸、「空の電動化」をウーバーが主導

    「2018 Elevate Summit」から見えた5年後の商用サービス技術

     電動の垂直離着陸(VTOL)機による「空のライドシェア」。米Uber Technologiesが、米運輸長官など行政当局や欧米の大手航空機メーカーを巻き込み、実用化に向けた動きを加速させている。関係者を一堂に集めたUber主催のイベントでは、超高出力モーターや離着陸用建物など電動航空機技術が競演し…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る