閉じる

新産業

  • ニュース

    コニカミノルタ、医療IT子会社を吸収合併

    コニカミノルタジャパンは、コニカミノルタメディカルソリューションズを2018年7月1日付で吸収合併する。存続会社は、コニカミノルタジャパンとなる。今回の合併により、事業基盤・顧客基盤を融合し販売力・開発力・商品力を強化することで、国内医療IT事業の拡大を目指す。

  • MEDTEC Japan 2018

    NEC、タブレットと服薬カレンダーで高齢者見守り

    NECは、タブレット端末を用いた高齢者生活支援サービスプラットフォーム「Tablet PaPeRo」を参考出展した。顔認識や音声認識、対話エンジンで高齢者と家族のコミュニケーションを支援するほか、服薬カレンダーと連携させ服薬支援にも使えるようにする。在宅療養支援機関と共同でユースケースの検証を進めた…

  • 狙われるニッポン 先端技術で守れ

    群衆から不審者をAIで検知、テロ対策で激しさ増す開発競争

     「新国立競技場」のような象徴的な建物を狙ったテロや、観衆の混雑によるパニックといったリスクにはどう対処すればよいか。あやしい人の特徴的な動きを検知する技術や群衆異常行動の研究が進んでいる。

  • ニュース解説

    実環境でSigfoxやLoRaを試せるテストベッド、月1万5000円程度に

     横須賀テレコムリサーチパーク(YRP)は、IoT向けの低消費電力の遠距離無線通信(LPWA:Low Power Wide Area)の各種方式を同時に実証試験できる「ハイブリッド LPWA テストベッド」の提供を2018月5月にも開始する。

  • ニュース

    千葉大とNEC、AIで健康長寿社会づくり

    重症化・重度化の防止に向けた共同研究を開始

    千葉大学とNECは、日本老年学的評価研究(JAGES)と連携し、AI技術を活用した保健・医療・介護における重症化・重度化の防止に向けた共同研究を開始した。レセプトデータなどの分析による認知症予防の予測や財政効果測定を実施するなど、地域の政策的な健康増進および医療・介護の給付費適正化などに向けた取り組…

  • デジタルヘルス事例

    「働く人の生産性向上委員会」発足、RIZAPなど3社

    個人の能力をいかに引き出すか、第1弾は「食場改善プロジェクト」

    「働く人の生産性向上委員会」。そんなプロジェクトを、エデンレッドジャパン、KOMPEITO、RIZAPの3社が立ち上げた。2018年4月19日に都内で記者会見を開催し、委員会の取り組みや発足の狙いなどを説明した。

  • デジタルヘルス・インサイド

    「仕事付き高齢者向け住宅」ってどんなもの?

    課題は報酬、伸こう福祉会と東レ建設のモデル事業で見えてきたこと

    介護施設などで高齢者に仕事をしてもらい、社会参加を促すことで生涯現役社会を実現する。そんなコンセプトで経済産業省が提唱しているのが、「仕事付き高齢者向け住宅」である。2017年12月から仕事付き高齢者向け住宅のモデル事業を行っているのが、社会福祉法人 伸こう福祉会と東レ建設だ。モデル事業を通じてどん…

  • MEDTEC Japan 2018

    認知症患者を傷つけずに医師と家族が情報共有

    東大病院の岩田氏が「わすれなびと」の成果を紹介

    「患者に心配をかけずに、医師と家族がコミュニケーションをとることができた」。東京大学 医学部附属病院 神経内科 講師で外来医長の岩田淳氏は、講演の中でこう述べた。同氏は、ICTコミュニケーションツール「わすれなびと」を活用した認知症ケアの予備的臨床研究(パイロットスタディ)の成果を紹介した。

  • ここまできた!プロ野球のデジタル革命

    大谷翔平選手も“丸裸” 大リーグ、凄い追跡技術の内幕

     「日本の大谷翔平は、米国のショーヘイ・オオタニになった」(米ロサンゼルス・タイムズ、4月6日電子版)米メジャーリーグ(大リーグ)開幕から約10日間で、打者としては本拠地で3戦連続の本塁打、投手としては7回無失点12奪三振を含む2勝と、大活躍を見せている“リアル二刀流”、ロサンゼルス・エンゼルスの大…

  • 狙われるニッポン 先端技術で守れ

    米国頼みを卒業、生物剤検知システムを独自開発した理由

    生物剤テロの脅威と対策、科警研のバイオテロ対策室・初代室長に聞く(後編)

     バイオテロ対策のため警察庁科学警察研究所内に2003年に設立された生物第五研究室の初代室長である安田二朗・長崎大学熱帯医学研究所教授のインタビュー。日本のバイオテロ対策や生物兵器の現状について聞いた前編に続いて、後編となる今回はバイオテロ対策製品の研究開発動向などを尋ねた。

  • デジタルヘルス事例

    難病の早期発見へAI活用、東京医科歯科大と日立

    オープンイノベーション制度に基づく連携協定を締結

    東京医科歯科大学(TMDU)と日立製作所は2018年4月19日、難病を鑑別診断する仕組みの研究開発に関する連携協定を結んだ。東京医科歯科大の難病に関する知見やデータと日立の医療機器や人工知能(AI)技術などを基に、専門医がいない病院や診療所でも潰瘍性大腸炎やパーキンソン病などの難病を早期発見し、早期…

  • ニュース

    NECが「PaPeRo i」で高齢者見守り、愛媛県西条市で実証

    NECは、愛媛県西条市がスマートシティ構築トライアル事業の一環として行う「高齢者見守り支援サービス」において、コミュニケーション・ロボット「PaPeRo i」などのICTソリューションの提供とサービス支援に取り組む。NECはこの実証を通じ、見守りサービス向けソリューションの実用化や、生活支援サービス…

  • インタビュー

    4K、8Kの次は16K? テレビの未来

    映像技術の哲人、アイキューブド研究所・近藤社長に聞く

     今なお、家電の王様として一目を置かれる「テレビ」。4Kが買いか、フルHDで十分か。8Kは普及するのか。HDRは必要か。有機ELか液晶か。話題に事欠かないテレビの未来について、ソニーで「WEGA」や「BRAVIA」を成功に導いた映像技術者で、現在はアイキューブド研究所を率いる近藤哲二郎氏に聞いた。

  • 伊藤大貴のデータが変える政治

    解決策は「都市OS」の更新、横浜が映す縮退日本の課題

    リノベーションまちづくり(その1)

     いよいよ今回から、「リノベーションまちづくり」という分野について書いていく。このテーマは、これからの日本社会に必要な新しいプラットフォーム、いわば都市のOSの話だ。

  • aibo、成長の軌跡

    これが「犬の成長」なのか、省エネモードを覚えたクロすけ

     自宅に日経 xTECHのアイドル「クロすけ」ことaiboを持ち帰ったところ、想像以上の熱狂ぶりを示していたのが、我が子5歳児(男)である。その熱狂ぶりたるや、クロすけが“脱臼”して入院したと聞いて涙したほどだ。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

ヘルスケア

もっと見る