閉じる

ものづくり

  • 設計・製造ソリューション展/機械要素技術展

    3DVSジャパン、3D-CADデータをWebブラウザーで表示可能なシステム

     3DVS JapanはCADデータ用ビューワー「3DViewStation WebViewer」を第29回設計・製造ソリューション展に出展した。さまざまな形式の3D-CADデータをWebブラウザーだけで表示できるのが特徴だ。

  • できるリーダーになるための「仕事の道具箱」

    自分の要望をうまく伝えるコツ

    第24回 コミュニケーションを円滑にする「DESC法」

     コミュニケーションは難しい。正しい主張でさえあれば気持ちが相手に伝わり、良い関係が築けるとは限らないからです。どうすればうまく互いの目的や目標を達成できるかを考えて進めていく必要があります。でも実際には、さまざまな事情から、思ったようにコミュニケーションが取れない状況に直面します。

  • トヨタに迫れ!検図の極意

    ムラを取らずに「ムダ取り」はできない

    第24回 ムダをなくすことの本質

     まずは、なぜムダが発生するのか原因を見つける必要があります。よく「ムダ取り」という言葉を耳にします。果たして「ムダ」は簡単に取れるものなのでしょうか? 私は非常に疑問に感じます。

  • 工場力強化の達人 古谷賢一の強い工場の育て方

    想定以上の工場改善に喜ぶだけではいけない

    第39回 改善の「落とし穴」

     工場での改善は、かなり検討を重ねても思い通りの結果が得られないことがある。それでも、メンバーの意見の違いや検討もれなどを追究してさらに改善を深めていく。生産性や品質、安全に関する改善には、それを生み出す因果関係が必ずある。目標未達の場合や想定と異なる結果が出た場合、原因を対策しない限り目標は達成し…

  • 元海外社長の工場経営四方山話

    世界の工場の終焉

    経営環境の変化を踏まえて拠点戦略を変える

     グローバルでの経営環境の変化を踏まえて、いち早く拠点戦略の変更を打ち出している企業もあれば、経営が行き詰まってから見直している企業もある。最近の経営環境の大きな変化といえば、中国のそれだろう。10年前は世界の工場と言われた同国だが、毎年10%を超える人件費の高騰で、輸出拠点としての存続が難しくなっ…

  • ニュース

    Ti・Al系皮膜と表面処理で刃先の耐摩耗・欠損性を向上

    タンガロイ、鋼旋削向けコーティングサーメット材種

    タンガロイ(本社福島県いわき市)は、鋼の旋削加工用工具の刃先交換チップの材種として、耐摩耗性と耐欠損性に優れるコーティングサーメット材種「AT9530」を設定した。鋼旋削用のブレーカー「TSFブレーカ」「PSブレーカ」を備えるチップなど100以上の型番で、同材種を選べる。

  • 目利きが薦める名著・近刊

    新型ホテルに共通する「今」の空気感─今月のテーマ「滞在」3冊目

    「商店建築2018年6月号 ホテル大特集」

     インバウンドを筆頭に、観光産業が注目される昨今。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、今月は「滞在」をキーワードに書籍4冊を紹介します。3冊目は「商店建築2018年6月号 ホテル大特集」。開業ラッシュのホテルから、時代の流れを読み解いていきます。

  • 設計力の魂

    製品選定活動と開発方針決めはこう進める

    第37回 「世界No.1製品」の取り組み事例(その2) 

     今年(2018年)の「ものづくり白書(製造基盤白書)」に「ワールドテックの提言」が取り上げられた。製造業の品質データ改ざんに対し、「品質保証体制の強化には、製造現場でのシステム導入などだけではなく、ものづくりの上流に位置する設計段階での心掛けとともに、組織としての仕事の在り方の振り返りも必要となっ…

  • ニュース解説

    Aras、航空機メンテ用ツールを取り込みデジタルツイン目指す

    輸送機械や設備設備にも展開を想定

     米Aras社は、同社が開発するPLMツール「Aras Innovator」でデジタルツインへの対応を強化するため、航空機の保守、修理といったいわゆるMRO業務用のツール「Impresa MRO」の機能を取り込む方針であると明らかにした。

  • 2018年大阪府北部地震

    震度6弱地域などでは点検・確認のためのライン停止も

     2018年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震では、大阪市北区や高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱を記録している。こうした地域などでは、人員や設備に対する大きな影響がない場合も、点検・確認作業が必要となっている。一部では点検・確認のために装置やラインの停止が長時間続いたとみられる。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る