閉じる

エレクトロニクス

  • ニュース解説

    日本のキーサイトが作る精細波形表示の電流計、100Aの大電流に対応しクルマもカバー

     キーサイト・テクノロジーは、ダイナミックな電流波形を精細に表示できる計測器「デバイス電流波形アナライザ CX3300シリーズ(以下、CX3300)」の測定レンジを最大100Aに広げた。CX3300は、一般的な計測器では雑音に埋もれて見ることができないような精細な波形を表示できることが特徴で、2年前…

  • ニュース解説

    大手家電メーカーは恥ずかしくてできない?掃除機にハンディモップ付けたアイリスオーヤマ

    海外勢から国内掃除機市場を奪還

     大手家電メーカーの“逆張り”として1~2人の少人数世帯をメインターゲットに据え、国内家電市場でのシェア拡大を狙うアイリスオーヤマ。エアコンなどの大型白物家電に続くターゲットとして挙げたのは、近年バリエーションが拡大している「掃除機(クリーナー)」だ。

  • 照明学会から

    余剰嫌う人間の感覚を呼び覚ます、自然と調和した企業研修所の照明設計

    照明学会誌「第15回(2017)照明デザイン賞:入賞 デンソーグローバル研修所・保養所『AQUAWINGS』」

     郊外で星空を眺めると、その美しさに圧倒される一方で、普段、私たちがいかに不要な光に曝されているかを実感する。本来、美しい景観や建築物を楽しむためには不要な光は余計な存在でしかない。しかし、私たちは都市の生活に慣れ切ってしまい、余剰に対する感覚も鈍りがちである。

  • テクノ大喜利

    もはや中国はハイテク国家の一角、出た杭は打てば打つほど突出する

    [ZTE取引停止事件、米中2大国の狭間で生きる日本]回答者:服部コンサルティング インターナショナル 服部 毅氏

     今、米国は、相手を日本から中国に変えた苛烈な貿易摩擦を繰り広げている。果たして今回の相手は、打てば引っ込む杭なのだろうか。ZTEの取引停止事件をキッカケにして、あらためて日本の電子産業の地政学的立ち位置を考えている今回のテクノ大喜利。3番目の回答者は服部コンサルティング インターナショナルの服部 …

  • ニュース解説

    もう一つのW杯、勝利逃した日本代表の「失策」

    第2回 Startup World Cup決勝戦

     世界中のベンチャー企業が事業アイデアを競うコンテスト「第2回 Startup World Cup」の決勝戦が、2018年5月11日に米国サンフランシスコで開かれた。優勝は米国東海岸代表のLeuko Labs社。日本代表のユニファがチャンピオンに輝いた第1回に続いて、2回連続で日本勢が栄冠を獲得する…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る