閉じる

エレクトロニクス

  • 「EV」「自動運転」を超えて

    欧州OEMを「EV化」に追い込んだ「ディーゼルゲート」

     日本自動車工業会によると、日本の乗用車市場(軽自動車含む)において、2016年にHEVは約128万台販売された。これは同年の乗用車全体の販売台数の約24%に当たる。現在、HEVは日本の乗用車市場で主要なパワートレーンになっているといえる。トヨタだけでなく、ホンだ、日産自動車、スズキなど他の完成車メ…

  • SID 2018

    有機ELは8Kの色規格に対応できるか? 青色材料開発の最前線

    鵜飼育弘のSIDシンポジウム報告

     ディスプレー分野で世界最大の学会「SID 2018」(5月20日~25日、米国ロサンゼルス)のシンポジウムで、筆者が興味を持ったシンポジウムの講演を報告するシリーズ。第4回は、8Kの色規格への対応を目指す青色有機EL材料について、半導体エネルギー研究所(SEL)の開発成果を紹介する。同社は&ldq…

  • Emerging Tech

    超高出力モーターで垂直離陸、「空の電動化」をウーバーが主導

    「2018 Elevate Summit」から見えた5年後の商用サービス技術

     電動の垂直離着陸(VTOL)機による「空のライドシェア」。米Uber Technologiesが、米運輸長官など行政当局や欧米の大手航空機メーカーを巻き込み、実用化に向けた動きを加速させている。関係者を一堂に集めたUber主催のイベントでは、超高出力モーターや離着陸用建物など電動航空機技術が競演し…

  • ニュース解説

    シーケンサーはスマート工場の要にあらず、利益率が低いだけ

    アドバンテックCOOの何春盛氏に聞く

     「IoT」「Industry 4.0」といった産業トレンドや、製造業を高度化する「中国製造2025」などの国家政策という上げ潮の中、誰が大きく稼ぐのか?この答えの一つになりそうなのが、台湾の「工業電脳」メーカーだ。工業電脳とは、パソコンやスマートフォンの部品を応用した特定の業務用機器を意味する。

  • W杯で世界熱狂、サッカーに「テクノロジー革命」

    データ駆使してケガ減らす、サッカーで証明「GPSデバイス」の価値

     世界レベルのサッカー選手が一堂に会する、4年に1度のスポーツの祭典「FIFAワールドカップ(W杯)」。その舞台裏ではいまや、選手やボールを追跡して動きをデータ化するトラッキングシステムなどさまざまな先進テクノロジーが導入され、チームの強化や選手のスキルアップなどに活用され始めている。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る