閉じる

電子設計

  • ISSCC2018

    イメージセンサー、日本のリードを印象付け

    「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日、米サンフランシスコ)のイメージセンサーのセッション(Session 5)では、10件中5件が日本からの発表だった。同分野を日本がリードしていることを改めて印象付…

  • ニュース

    機械学習の波、メモリーへも

    「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日、米サンフランシスコ)のメモリー関連の論文は、テクノロジーディレクション(新技術)や有線通信技術といった他分野との共同開催も含めて、計6つのセッションに分かれて発…

  • ISSCC2018

    ようこそパワーエレ、250W出力の回路登場

    最近のISSCCにおけるパワーマネジメント回路(電源回路)分野の技術トレンドは、IoT用途のエネルギーハーベスティングに向けた低電圧(100V)・大電力(>100W)のパワーマネジメントである。

  • ISSCC2018

    5Gをにらみ、マルチアンテナ向けトランシーバー

    「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日、米サンフランシスコ)では、無線通信に関わる回路技術はワイアレス分野の3つのセッション(Session 4/9/28)で活発に議論された。この分野ではセルラー通信…

  • ISSCC2018

    DNNのハードウエアが目白押し

    米サンフランシスコで開催された「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日)のデジタルアーキテクチャー分野では、ここ数回と同様に(あるいは更に)、深層ニューラルネット(DNN)分野のハードウエアソリューショ…

  • ニュース解説

    Arm、AIの技術基盤「Project Trillium」を発表

     英Arm社は、機械学習の恩恵をさまざまなデバイス(機器)が享受できることを狙って開発した、技術基盤「Project Trillium」(開発コード名)を発表した。発表された技術基盤には、機械学習に関連した2種類のプロセッサーコアと、学習済みニューラルネットワークをプロセッサーコアに効率よく実装する…

  • 開発者が語るaiboの秘密いろいろ

    aiboはプレステのようなプラットフォーム、ソフトとセットで価値

    ソニーaibo開発チームインタビュー(その1)

     ソニーが2018年1月11日に発売した犬型ロボット「aibo(アイボ)」。開発チームの全員が高い志で挑んだという開発の舞台裏や随所に盛り込まれた独自技術などについて、商品企画と設計の担当者に話を聞いた。このインタビューを5回に分けてお届けする。今回はaibo復活の経緯を中心に紹介する。

  • ニュース

    「Industry 4.0に本格参入」、Keysightがソフト体系を一新

    米keysight Technologies社は、計測器用のソフトウエアをはじめとした全ソフトウエアの体系を一新する。これによって、Industry 4.0やIoTを合言葉にして、さまざまなモノがつながる世界への本格的な対応を始めるという。

  • ニュース

    わずか4年で1000億米ドル増加、半導体の世界売上高

    米SIA(Semiconductor Industry Association)の発表によると、2017年12月における半導体の世界売上高は379億9000万米ドルだった(3カ月の移動平均値)。前月比で0.8%増加し、9カ月連続で単月の最高記録を更新した。

  • ニュース

    既存のデジタルEDAを活用、米社がアナログ回路生成ソフト

    2014年創業の米Movellus社は、既存のデジタル設計用EDAツールを活用して、アナログ回路ブロック(アナログIP)を自動生成するソフトウエア(ジェネレーター)を開発した。第1弾として、PLL、DLL、LDOの3種の回路それぞれのジェネレーターを発表した。

  • 識者が指南、スキルアップの勘所

    ノイズ対策、どう取り組む?

    「車載機器のノイズ対策/EMC設計マスターシリーズ」の講師、河村隆二氏に聞く

    自動車に数多くの半導体デバイスが搭載されるようになり、EMC性能の確保は難しくなるばかりだ。また、自動運転やセンサー技術の進化により、より高速なインターフェースを用いた通信が必要となっている。

  • ニュース・トレンド解説

    「エッジのAIをデータで差異化」、ThuderSoftに聞く

    エレクトロニクス関連の開発/設計受託サービスを手掛ける中国Thunder Software Technology社(以下、ThunderSoft)。米Qualcomm社と組んで、アジアを中心にモバイル分野で事業を拡大してきた。モバイル分野に続いて、ThunderSoftが力を入れている分野がIoTと…

  • ニュース

    TSMCが5nm工場を起工、2020年に量産開始

    台湾TSMCはSouthern Taiwan Science ParkにおいてFab18のフェーズ1の起工式を行った。式は Morris Chang会長が主導したという。

  • ニュース

    ルネサス、車載SoCのテスト設計にSynopsysのツール

    米Synopsys社は、同社のテスト設計向けツール(ソフトウエア)である「DFTMAX LogicBIST」を、ルネサス エレクトロニクスが採用したと発表した。車載機器メーカーから要求される安全基準を満たすため、ルネサスは今回のツールを車載ミックストシグナルSoCの設計に適用した。

  • ニュース

    Synopsys、OTP型不揮発性メモリーIPのKilopassを買収

    米Synopsys社は、1回書き込み型(One-Time Programmable:OTP)不揮発性メモリーIPプロバイダーの米Kilopass Technology社を買収した。Synopsysは、OTPと複数回書き込み型(Multi-Time Programmable) 不揮発性メモリーIPを持…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー