閉じる

ソフト開発

  • システム運用は全自動

    全自動運用のNoOps、自己修復するシステムの作り方

     

     NoOpsは、「運用レス」、つまり人間による運用保守作業の最小化を目指した継続的な活動だ。基本設計段階での回復性設計によってシステムに自律運用を可能にする能力を持たせる。そして、継続的な運用保守のエンジニアリング活動によって、自動化・自律化を維持促進する。

  • ニュース

    日本HPEがAI特化のPCサーバー、性能チューニングしやすく

     日本ヒューレット・パッカードは2018年4月23日、深層学習に基づくAI開発に特化したサーバー「HPE Apollo 6500 Gen10 System」の販売を始めた。最大8基のGPUを搭載可能。GPU間の接続構成をファームウエアで切り替えられるようにし、処理速度を最適化しやすくした。

  • サイバー攻撃最前線

    OSSツールがはびこるPowerShell攻撃の脅威

     近年、サイバー攻撃にオープンソースソフトウエア(OSS)のツールが利用されるケースが散見されている。これは2017年のサイバー攻撃の特徴の1つでもあった。現状筆者が把握している限りでは、特定の国家がスポンサーである攻撃グループに数多く見られるようだ。特に、Windows上でのスクリプト開発・実行環…

  • 新人SEのための対話スキル

    専門用語は逆効果、若手SEが顧客との対話で注意すべきこと

     「相手に理解してもらう」のは思った以上に難しいものです。まず、顧客が知らない専門用語を使わないことを意識しましょう。覚えた専門用語は使いたくなりますが、逆効果です。そしてどれだけ意識しても、「自分が知っていることは相手も知っている」と思い込んでしまうものです。

  • システム運用は全自動

    システム運用は自動化が常識に、NoOpsまでの歴史

     システム運用の自動化を目指す「NoOps」が現実のものとなりつつある。クラウドやサーバーレス、自動化ツールの活用によって、障害からの自己修復も実現可能になった。「NoOps」とは、その名の通り「人間によるシステム運用作業の最小化」を目指す継続的な活動である。

ホワイトペーパー

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る