閉じる

車載部品

  • ニュース解説

    ステンレスや樹脂に100種以上のスピン模様を描く

    素材を美しく見せる成形・加工技術

     金属の研磨加工を手掛ける美光技研(本社岐阜県美濃加茂市)は、ステンレスやアルミ、各種樹脂の平板にスピン研磨加工で100種類以上のパターンを描く。見る角度によって円弧状の模様の見え方が変わる「3Dスピン」など、多種多様な意匠を金属の表面に施す。日経 xTECH

  • GWスペシャル2018

    行楽前に!10分で覚えるナビアプリの使い方

     いよいよ行楽シーズン。クルマでのレジャーを計画している人もいるだろう。そこでちょっとチェックしてほしいのがカーナビだ。おすすめなのが、カーナビアプリ。常に最新の地図情報を利用できるので、車載ナビのデータが古く感じたらぜひ使ってみよう。日経 xTECH

  • ニュース

    日産が商用EVを改良、リーフの電池で300km走行

    容量40kWhのリチウムイオン電池を搭載

    日産自動車は2018年4月19日、商用の電気自動車(EV)「e-NV200」を部分改良し、同年12月に発売すると発表した。乗用EV「リーフ」と同様の容量40kWhのリチウムイオン電池を搭載することで、1充電あたりの航続可能距離を約3割延ばして300kmとした(JC08モード)。価格は395万4960…日経 xTECH

  • ニュース解説

    熱可塑性CFRP、軽量化素材の新たな選択肢

    アルミや高張力鋼板を脅かす

     熱可塑性CFRPが、世界で初めて量産車に本格採用された。米ゼネラル・モーターズ(GM)は2018年3月に発表した新型ピックアップトラック「GMCシエラ(Sierra)」の荷台の構成部品に、帝人グループが開発した熱可塑性CFRPを使った。GMと帝人が熱可塑性CFRPの自動車ボディーへの適用に関する共…日経 xTECH

  • あなたの会社は大丈夫?!

    カーエレの基礎を知らずに自動運転も電動化も語れない

    MTEC代表取締役、元デンソー専務取締役、電気電子系統括 加藤光治氏に聞いた

    電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)から、SiC・GaN・酸化ガリウム、パワー半導体実装技術、予防安全・自動運転技術、情報化、車載電子システムまで──。カーエレクトロニクスの進化が加速している。こうした中、「今後は、カーエレクトロニクスの基礎を踏まえた上で人工知能(AI)や電動化時代に対応す…日経 xTECH

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

ヘルスケア

もっと見る