閉じる

建築

  • より抜き!プレモダン建築巡礼

    戦後建築史の「レッテル貼り」にもの申す!

    井上章一氏×磯達雄氏対談その2

     日経アーキテクチュアの人気連載をベースにした書籍「プレモダン建築巡礼」が2018年4月23日に発売されました。同書の中からいくつかの記事をより抜いてご覧いただきます。今回は井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)と磯達雄氏(建築ライター)による対談「その2」です。

  • 巨大地震に備えよ

    新耐震木造住宅の検証法は普及するか

    「81~00年住宅」に助成を広げる契機に

     熊本地震で課題となった木造住宅の耐震性。住宅被害を踏まえ作成されたのが「新耐震検証法」だ。1981年から2000年に建てられた木造住宅を対象としたもので、簡易なチェックに基づいて耐震性能を検証できる。効率的な検証が目的だが、適用時の課題も少なくない。

  • 重大事故・トラブルの教訓

    問われる技術者の矜持、ベネッセ情報漏洩とタカタ・エアバッグ破裂を検証

    専門記者座談会(3)

     世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。今回(第3回)も、前回までに引き続き「性善説か性悪説か」がテーマである。IT技術者が引き起こしたベネッセコーポレーションの情報漏洩などをもとに、時代の変遷とともに品質に対する姿勢や技術者の誇りがどう変化し…

  • 編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ

    現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…

     古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の生産性革命へ! 現場ロボット図鑑」はそれと似た面白さのある企画です。

  • 2018年4月26日号 ニュース クローズアップ

    「かぼちゃの馬車」運営会社破綻

    シェアハウス投資巡りトラブル、訴訟に発展

     長期の賃料収入を保証したシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社が破綻した。賃料支払いの停止を受け、オーナーが運営会社などを提訴した。訴えを受けた15社のうち7社は、シェアハウスを建てた建設会社だった。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る