閉じる

建築

  • 省エネNext

    2018年度ZEB実証事業の公募がスタート

     環境共創イニシアチブ(SII)は4月10日、2018年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」の1次公募をスタートした。公募期間は2018年5月10日まで。採択の決定時期は同6月中旬の予定だ。

  • より抜き!プレモダン建築巡礼

    「プレモダン」の建築家はこの10人

    井上章一氏×磯達雄氏対談その1

    日経アーキテクチュアの人気連載をベースにした書籍「プレモダン建築巡礼」が本日(2018年4月23日)発売されます。同書の中からいくつかの記事をより抜いてご覧いただきます。まずは、井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)と磯達雄氏(建築ライター)による爆笑対談をどうぞ。

  • ニュース解説:土木

    熊本地震や17年豪雨で岩盤に緩みか、大分土砂崩落

     大分県中津市耶馬渓町の土砂崩落で、国土交通省は現地の調査報告を公表した。現地調査に参加した専門家の1人は、2016年の熊本地震や17年の九州北部豪雨が影響した可能性を指摘している。

  • ニュース解説:土木

    水深わずか10cm程度でも発電が可能に

     鉄建建設は、NewAct(東京都豊島区)、あき電器(東京都調布市)、久力製作所(茨城県行方市)と共同で、小さな農業用水路やトンネル湧水を排出する中央排水溝など、水量の少ない場所に適した小水力発電装置を開発した。現在は茨城県石岡市の農業用水路で試験運転を実施している。

  • 巨大地震に備えよ

    民から始まる地震への備え、「最悪」見せて需要を生む

     建物耐震化の促進は国や自治体にとって急務だ。発注者の意識を変えるには、自ら高い耐震性能を選べる仕組みづくりが欠かせない。その仕掛けとして、耐震性能を見せる取り組みが民間で始まっている。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る