閉じる

クルマ

  • 北京モーターショー2018

    日産が中国でEV生産、リチウムイオン電池は現地調達に

    “大人気車種”の「シルフィー」で

     日産自動車が中国で電気自動車(EV)の現地生産を始める。第1弾となるのがセダン「シルフィー」のEVで、2018年後半から販売する予定だ。同社のEV「リーフ」のプラットフォームを使いつつ、電池は現地調達に変更した。「北京モーターショー(Auto China 2018)」(一般公開日:2018年4月2…

  • どうした?!日本メーカーの品質

    どうしたら品質力の低下を止められますか?

    皆川一二氏=元トヨタグループ「SQCアドバイザ」、ワールドテック講師、小松開発工業顧問に聞いた

     「品質問題の頻発に悩む日本企業が増えている」と警鐘を鳴らすのは、デンソーの開発設計者出身で、トヨタグループの品質スペシャリスト「SQCアドバイザ」も務めた皆川一二氏だ。「技術者塾」において講座「品質完璧マスターシリーズ」の講師を務める同氏に、日本企業が品質力の低下を食い止め、向上へと転じるヒントを…

  • GWスペシャル2018

    行楽前に!10分で覚えるナビアプリの使い方

     いよいよ行楽シーズン。クルマでのレジャーを計画している人もいるだろう。そこでちょっとチェックしてほしいのがカーナビだ。おすすめなのが、カーナビアプリ。常に最新の地図情報を利用できるので、車載ナビのデータが古く感じたらぜひ使ってみよう。

  • あのクルマ、分解したらこうだった

    電池周りに国産部品、モーター駆動用インバーターは三菱製

    ホンダ「フィットハイブリッド」(4)

     モーター駆動用インバーターは三菱電機製で、内部にUVW3相分のIGBT(絶縁ゲートバイポーラトランジスタ)がある。その下に置くDC-DCコンバーターはTDK製である。TDKは以前から同部品で高いシェアを持っており、フィットでも同社製が採用されている。

  • 重大事故・トラブルの教訓

    このままではメーカーは疲弊する、トヨタのリコール・杭工事偽装

    専門記者座談会(4)

     ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。過去の事故・トラブルは今、どのような形で生かされているのか。世間を騒がせた重大な事故・トラブルの教訓とは――。専門記者が徹底的に掘り下げるとともに未来を展望する。第4…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

ヘルスケア

もっと見る