閉じる

5G

  • LPWAはどこへいく

    端末、基地局、制度で追い風、立ち上がるか商用LPWA

     無線通信規格「Sigfox」の商用サービスを2017年2月に始めた京セラコミュニケーションシステム(KCCS)。端末から基地局へ信号を送信する際に必要なRFモジュールが世界的に値下がりしたことで、Sigfoxに対応する端末の開発が加速しているという。

  • ニュース

    富士通研がFPGA使い、10GbpsWANで40Gbpsの実行速度

    富士通研究所は、サーバーに搭載したFPGAを活用する、クラウド間のWAN(Wide Area Network)高速化技術を開発した。同技術を使うことで、10Gビット/秒(bps)のWAN回線を使って、最大40Gbpsの実効転送速度を実現した。

  • ニュース

    単結晶ダイヤモンドとSiC基板を常温で接合、富士通らが新技術

    5Gで使うGaN-HEMTの熱抵抗が従来の61%に低減

    富士通と富士通研究所は、SiC基板に単結晶ダイヤモンドを常温で接合する技術を開発した。両社によれば、同技術の開発は世界で初めてだという。5G(第5世代移動通信)で使う高出力GaN HEMTの放熱に同技術を活用することで、高出力での安定動作が可能になるとする。

  • 5Gのすべて

    三菱電機の5Gチャレンジ、人工衛星の技術を基地局に展開

    5GMFが展望する「5Gのすべて」(三菱電機編)

    日本の5G(第5世代移動通信システム)を推進する5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)のキーパーソンが、日本を含めた世界の動向を、研究開発や標準化、ユースケース、アプリケーションといった様々な観点から解説する「5Gのすべて」。今回は、三菱電機の取り組みを紹介する。

  • LPWAはどこへいく

    一味違うソニーLPWA、本命不在の方式争いに新風

     方式が乱立するLPWAの中で異彩を放つのは、ソニーが2018年に提供を予定する独自方式のLPWAだ。ソニー規格の特徴は、長距離通信や高速移動中の通信に強い点だ。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る