閉じる

省エネNext

ピックアップ

連載・解説ほか

新着記事

  • 省エネNext

    ZEBプランナーは72件に

    ZEB実証事業2017リポート(2)

    環境共創イニシアチブ(SII)は、経済産業省と環境省の連携事業として執行中の「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」について、2017年度から登録を開始したZEBプランナーの状況をとりまとめた。その内容をリポートする。

  • 省エネNext

    ZEBは事務所と老人・福祉ホームで6割

    ZEB実証事業2017リポート(1)

    環境共創イニシアチブ(SII)は、経済産業省と環境省の連携事業として執行中の「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」について、2016年度、2017年度の採択事業の傾向と分析を行なっている。その内容をリポートする。

  • 先端省エネ建築の実力

    2大タイトル受賞、ガラス張りエコ建築の衝撃

    (1)「ROGIC」前編、半屋外の活用で30℃の温熱環境を許容

     本日から「日経 xTECH」がスタートということで、初めて「建築・住宅」分野の記事をご覧になった方のために、今、建築業界で注目されている、ある研究施設と、それを設計した建築家をご紹介したい。浜松市にあるROKIグローバルイノベーションセンター。設計したのは1971年生まれの小堀哲夫氏だ。

  • 省エネNext

    ZEHが建てられない理由は「体制不備」

    ZEH支援事業2017リポート(2)

    2017年度のZEH普及目標達成状況を見ると、注文住宅のZEHは120.6%を達成していた。ただしNearly ZEHを含めた全体では、93.3%だった。建て売り住宅と既存改修は、それぞれ全体で29.3%、8.8%と、達成目標を大きく下回っていた。

  • 省エネNext

    ZEHビルダーの6割が「ZEH実績ゼロ」

    ZEH支援事業2017リポート(1)

    ZEH支援事業を執行する環境共創イニシアチブ(SII)は、2016年度と2017年度にZEHビルダー登録を受けた事業者(6236件)の実績報告を集計。普及目標の達成度や、その背景を調査分析した資料を公開している。

  • 省エネNext

    経産省、ZEBマークを公開

    経済産業省資源エネルギー庁は、2017年12月5日に開催した「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業 調査発表会2017」において、ZEBのマークを公開した。

  • 省エネNext

    「省エネ計算したことない」はやばいよ

    2020年までに、全ての新築建築物は省エネ基準に適合しなければならなくなる。建築や住宅の専門家であれば既知のことだろう。

  • 本場ドイツの環境建築

    プラスエネルギーの木造学校を一般建築のコストでつくる

    「木造」や「プラスエネルギー」というと、日本でも関心の高いキーワードだ。建築物の性能向上が一定レベルまで達したドイツでは、次の段階として、普及のためのコストダウンや施工性の向上、建材自体の持続可能性がテーマとなっている。

  • 省エネNext

    2020年、省エネ建築が地域経済を動かす

    2020年と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるだろうか。多くの人は、「東京五輪・パラリンピックが開催される年」と答えると思う。建築業界にとっても大きなイベントだが、もう一つ重要なイベントがある。

  • 改修でゼロエネ住宅!

    意匠も暮らしも捨てないZEH改修は可能か?

    リビタとYKKAPが取り組んだ、ZEH改修。既存の住宅をエコな住宅に変身させるために必要なものは何か――。プランづくりや設計、施工など、数回にわたって紹介する。第1回は、リビタがどのような考え方で既存住宅のZEH化に挑んだのかを見ていこう。

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る