今後公開予定の特集・長編記事

今後公開予定の特集・長編記事

日経 xTECHが今後公開を予定している特集・長編記事などを紹介します。

今後の特集

  • EV/自動運転車時代の「見る」「聞く」「考える」

     クルマの基本機能と言えば「走る」「曲がる」「止まる」。それがEV(電気自動車)や自動運転車になると、新たな3要素が加わる。センサーで「見る」、マイクで「聞く」、AI(人工知能)で「考える」である。EV/自動運転車時代の「見る」「聞く」「考える」を実現する部品や技術を取り上げた記事をセレクトした。

  • 住宅会社のイマドキ育成術

     住宅会社の若手育成が、従来のスパルタ式からゆとり型へと急転換している。急成長による即戦力化を求めるのではなく、教育にしっかりと投資を行ったうえで本人の成長をじっくりと待つようになってきたのだ。住宅会社の必死の取り組みを紹介していく。

  • 55th Design Automation Conference(DAC 2018)

     2018年6月24日~28日に米国サンフランシスコで開催の電子設計技術に関する国際学会/展示会「55th Design Automation Conference(DAC 2018)」をレポートする。

  • 2018 Symposia on VLSI Technology and Circuits

     2018年6月18日~22日に米国ハワイ州ホノルルで開催のVLSI技術と回路に関する国際学会「2018 Symposia on VLSI Technology and Circuits」をレポートする。

  • 商用車クライシス

     このままでは物流・人流が止まる――。トラックやバスを使ってサービスを提供する業界から悲鳴が上がっている。Eコマース(電子商取引)の普及による宅配便の急増に運転者の不足。表面化してきた“商用車クライシス”の解決が急務になってきた。

  • 中国最新家電の衝撃

     中国企業が手がける家電製品がすさまじい勢いで進化している。安かろう悪かろうは今は昔。自動運転車に使われるLiDARやSLAMといった最新技術を搭載したロボット掃除機が驚きの2万円台で販売されており、日本や米国の先行者をあっという間にキャッチアップするようになりつつある。最新のロボット掃除機などの実…

  • 非破壊戦隊コワサンジャーが行く!

     従来のコア抜きや引張試験など、構造物に少なからず損傷を与えていたインフラの健全度の評価法に取って代わり、「非破壊」で検査が可能な技術の開発が進んでいる。「見えない劣化を壊さずに知る」という考え方は、これからのインフラ検査の潮流になりそうだ。

  • 家ブロガーのホンネ

     住宅を建設するプロセスをインターネット上につづる“家ブログ”が広がりを見せている。ネット上の情報が下手に広がれば、住宅会社にとって大きな痛手となる。勢力を拡大しつつある家ブロガーの実情に迫り、建て主との付き合い方を探った。

  • デジタル化を阻む厄介な存在

     目的が不明確なまま号令を下す経営トップ、総論は賛成だが各論で反対に回る抵抗勢力――。デジタル化を進めようとすると、それを阻む厄介な存在が必ずと言っていいほど出てくるものだ。グロービス経営大学院の卒業生で構成する「デジタルトランスフォーメーション研究所」の主席研究員が独自に調査した結果を基に、ありが…

  • システム子会社200社の悲喜こもごも

     ユーザー企業はコスト削減を目的に多くのシステム子会社を設立してきた。中には親会社が経営破綻したり買収されたりして、全く別の社名に変わったり、会社が無くなってしまったケースもある。2000年前後の大型ITアウトソーシングのブームに乗ってITベンダーに買収されたところも数多い。一方で、親会社の傘下のま…

  • SEが転職を決断するとき

     IT業界で働く人材の流動化がここ最近、活発化している。SEが転職するきっかけや理由は何なのか。独自アンケートで、転職組の本音を暴く。

  • 520億円のデジタル投資、資生堂の皮算用

     資生堂が経営トップの号令の下、デジタルシフトを加速。今後3年で520億円をデジタル関連に投資する。魚谷雅彦社長インタビューや現場取材を基に、資生堂のデジタル化の知られざる中身と狙いに迫る。

  • シニアSEのリアル

     人材不足が深刻化するIT業界で、活躍が求められているのがシニア人材だ。そんなシニアSEの実態とは。仕事の満足度やモチベーションなどに関する独自調査の結果を報告する。

  • 「空飛ぶ建機」、ドローンの実力

     建設の世界で、ドローンの活躍の場が急速に広がっている。「i-Construction(アイ・コンストラクション)」で脚光を浴びた写真測量に続き、樹木に覆われた地面や水が流れる川底の地形を計測できるレーザーが注目を集める。GPSの電波が届かない管路内を点検する小型の機体も現れた。「空飛ぶ建機」の進化…

  • ブラックなんて言わせない!本気の建築界仕事革命

     建築界でも長時間労働への対処が急速に進みつつある。仕事のやりがいだけでなく、働く環境の魅力も高めなければ、建築界に明るい将来は開けてこない。“ブラックな働き方”との決別は、建築界の今後を左右する大命題だ。第一線で活躍する実務者たちの取り組みにヒントを探る。

  • パナソニック 101年目の挑戦

     パナソニックは2018年3月7日に創業100周年を迎えた。次の100年に向けて、パナソニックは重点事業領域の見直しと新領域への進出準備にまい進している。

  • SID 2018

     2018年5月20日~5月25日に米国ロサンゼルス市で開催されるディスプレー関連の最大のイベント(学会、セミナー、展示会)「2018 SID International Symposium, Seminar, and Exhibition(Display Week 2018)」をレポートします。

  • 建築ロボで生産革命 動画図鑑

     建築の施工現場でロボット導入が本格化し始めた。技能労働者の不足や高齢化が深刻さを増すなか、現場の生産性を一気に高める切り札として期待されている。かつての反省を生かした「真の生産性革命」の実現に向けて、戦力となるのは技能者と一緒に働ける「協調性」や多様な状況で使える「汎用性」を備えたロボットだ。大手…

  • 頻発する住宅設備トラブル

     過去5年以内に引き渡した住宅で、住宅設備のトラブルに遭遇した実務者は約8割に及ぶ。トラブルが発生した住宅設備は、エコキュート、水栓金具、排水管など多様だ。この日経ホームビルダーが実施した独自調査からは、身近な住宅設備のトラブルが頻発している状況が浮かび上がってくる。故障だけでなく、火災や騒音、やけ…

  • キーワードで読む建築維新

     AI、IoT、ロボット――。様々な技術が加速度的に進化し、建築界にもデジタル革新の波が押し寄せている。建築実務者を取り巻く環境の変化の速さに比例するように、将来の不透明感はますます強まっている。「五輪後」の2020年代、都市・建築は何が変化しているのか。不確実な時代を生き抜くために、知っておきたい…