今後公開予定の特集・長編記事

今後公開予定の特集・長編記事

日経 xTECHが今後公開を予定している特集・長編記事などを紹介します。

お薦め特集

  • 建築ロボで生産革命 動画図鑑

     建築の施工現場でロボット導入が本格化し始めた。技能労働者の不足や高齢化が深刻さを増すなか、現場の生産性を一気に高める切り札として期待されている。かつての反省を生かした「真の生産性革命」の実現に向けて、戦力となるのは技能者と一緒に働ける「協調性」や多様な状況で使える「汎用性」を備えたロボットだ。大手…

  • 頻発する住宅設備トラブル

     過去5年以内に引き渡した住宅で、住宅設備のトラブルに遭遇した実務者は約8割に及ぶ。トラブルが発生した住宅設備は、エコキュート、水栓金具、排水管など多様だ。この日経ホームビルダーが実施した独自調査からは、身近な住宅設備のトラブルが頻発している状況が浮かび上がってくる。故障だけでなく、火災や騒音、やけ…

  • キーワードで読む建築維新

     AI、IoT、ロボット――。様々な技術が加速度的に進化し、建築界にもデジタル革新の波が押し寄せている。建築実務者を取り巻く環境の変化の速さに比例するように、将来の不透明感はますます強まっている。「五輪後」の2020年代、都市・建築は何が変化しているのか。不確実な時代を生き抜くために、知っておきたい…

  • 今こそ「福島第1原発」の話をしよう

     未曾有の事故から7年――。東京電力福島第1原子力発電所は今や、毎日6000人が働く超巨大な建設現場に変貌を遂げ、東京電力の下、建設会社やメーカーが様々な作業・工事に取り組んでいる。この特集では、福島第1原発で使われた新技術や工夫の数々を紹介しながら、30~40年かかるとされる廃炉の現状を、分かりや…

  • 許されなくなったコンクリひび割れ、時代は変わった

     基礎のひび割れには「許容されるもの」と「されないもの」がある。建て主に丁寧に説明すれば、それを分かってもらえるはず――。これが従来の住宅業界の常識だった。しかし、最近はヘアクラック(微細なひび割れ)さえ許さない建て主が増えている。このため従来の説明路線から転換、多くの企業がヘアクラック対策に取り組…

  • 巨大地震に備えよ

     最大震度7を2度記録した2016年4月の熊本地震。庁舎や病院、学校などの防災拠点が被災し、木造住宅の倒壊が多発。建築界に様々な課題を突き付けた。あれから2年。熊本地震の教訓は生かされているのか。次なる巨大地震への備えは急務だ。

  • フル電動化最前線

     単なる機械の置き換えにとどまらない電動化のシナリオが、さまざまな分野で進行しているからだ。ここではそれを「フル電動化」(All Electric)と称し、フル電動化を支える要素技術として、(1)モーター、(2)センサー、(3)通信、(4)電池、(5)AI(人工知能)の開発最前線を追った。

  • デジタル医療 最前線

     米国では2017年にFDAが発表したアクションプランにより、Google社やApple社といった大手IT系企業が2018年以降に医療領域に本格参入することが予想されている。スマホアプリが、医療機器・医薬品に次ぐ第3の治療選択肢になる時代は、米国だけでなく国内にもやってくる。数年前にはまだ“未来”だ…

  • より抜き!プレモダン建築巡礼

     2018年は「明治維新150年」。明治期を振り返るニュースやイベントが増えるなか、明治維新で諸外国から輸入された建築デザインへの関心も高まっている。それらは戦後の「モダニズム建築」への足がかりとなる「プレモダン建築」と呼ぶべきものだ。明治~戦前のプレモダン建築のなかから特に評価の高いものを厳選。イ…

  • 重大事故・トラブルの教訓

     笹子トンネルの天井板崩落事故、姉歯事件、品質データ偽装、新幹線台車亀裂問題、コインチェック不正流出問題・・・。ものづくり、建設、ITの各業界において世間を大きく騒がせた大事故やトラブルを受け、企業の取り組みや制度・ルールはいかに変わったのか。過去の事故・トラブルは今、どのような形で生かされているの…

  • IoT住宅はうまくいくか

     ITを活用して住宅や暮らしを革新する――。住宅業界だけでなく、IT業界や電機業界などでもこんな狙いを掲げた「IoT住宅」の取り組みに注力し始めている。AIスピーカーを通して家電や住宅設備を制御したり、センサーを用いて居住者や災害直後の住宅の安全性を確認したりする試みはその代表例といえる。

  • 狙われるニッポン 先端技術で守れ

     2020年夏――。「世界一の安心・安全」を標榜してきたニッポンに、セキュリティの脅威が迫る。開催期間中には、世界で30億人以上がテレビで視聴し、500万人以上もの観戦客が訪れるとされる東京五輪。「世界最大の平和の祭典」は、テロリストなど悪事を企てる者にとっては格好の標的になる。