編集部 一押しの特集

編集部 一押しの特集

既に公開されている特集の中から、日経 xTECH編集部が一押しする特集を紹介します。まだお読みいただいていない記事がありましたら、ぜひご一読ください。

編集部の一押し

  • フル電動化最前線

     単なる機械の置き換えにとどまらない電動化のシナリオが、さまざまな分野で進行している。ここではそれを「フル電動化」(All Electric)と称し、フル電動化を支える要素技術として、(1)モーター、(2)センサー、(3)通信、(4)電池、(5)AI(人工知能)の開発最前線を追った。

  • 徹底解剖 マイクロソフト

     世界の株式時価総額ランキングで10年前も今もトップ10入りしている唯一の企業、米マイクロソフト。PC時代の覇者はクラウドへの対応で出遅れたが、しぶとく巻き返して売上高を10年で4兆円増やした。「憎らしいほど強い」理由を探ると、忍者さながらの変わり身の早さが浮かび上がった。

  • より抜き!プレモダン建築巡礼

     お待たせしました! 日経アーキテクチュアの人気連載をベースにした新刊書籍「プレモダン建築巡礼」が2018年4月23日に発売されます。明治維新~戦前の名建築50件を、イラスト担当の宮沢洋(日経アーキテクチュア編集長)と、うんちく担当の磯達雄(建築ジャーナリスト)が竣工年順に巡ります。ここでは同書の中…

  • コマツの強さ

     ハイブリッド油圧ショベルやICTブルドーザーなどの開発で先陣を切り、IoTで建機の状態を遠隔管理する「KOMTRAX」、建設現場のあらゆる情報を見える化する「スマートコンストラクション」といった先進的な仕組みを次々と実用化しているコマツ。オープンイノベーションにも積極的に取り組む。グループ共通の行…

これまでの人気特集

  • 資生堂 520億円デジタル投資の正体

     資生堂がデジタル改革に本気だ。3年間で520億円をデジタル技術に投じ、商品開発から売り方まで社内の全てを見直している。根底にあるのは顧客中心の考え方だ。消費者が頻繁にネットに接する前提でリアルとデジタルを融合。顧客1人ひとりのニーズに応える。中国の古典に由来する社名を冠して1872年に創業以来、西…

  • RPA 48の勘所

     金融から製造・サービス業へ、大手から中堅中小へ。PC操作を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が一段と身近な存在になりつつある。いち早く活用する企業は「面倒な単純作業」の自動化にとどまらず、営業支援や紙の書類のデータ処理、データ連携など多様な使い道を開拓している。先行企業へ…

  • AI研究 最新事情

     日本人工知能学会は2018年6月5~8日、鹿児島県で第32回全国大会を開催した。参加者は過去最多の2572名(速報値)。さらにスポンサー企業がAI技術の事例を紹介するインダストリアルセッションを4セッション設けた。前回より1セッション多く、より企業との連携を強めた大会となった。全国大会の講演から、…

  • 中国最新家電の衝撃

     中国企業が手がける家電製品がすさまじい勢いで進化している。安かろう悪かろうは今は昔。自動運転車に使われるLiDARやSLAMといった最新技術を搭載したロボット掃除機が驚きの2万円台で販売されており、日本や米国の先行者をあっという間にキャッチアップするようになりつつある。最新のロボット掃除機などの実…

  • 非破壊戦隊コワサンジャーが行く!

     従来のコア抜きや引張試験など、構造物に少なからず損傷を与えていたインフラの健全度の評価法に取って代わり、「非破壊」で検査が可能な技術の開発が進んでいる。「見えない劣化を壊さずに知る」という考え方は、これからのインフラ検査の潮流になりそうだ。

  • 家ブロガーのホンネ

     住宅を建設するプロセスをインターネット上につづる“家ブログ”が広がりを見せている。ネット上の情報が下手に広がれば、住宅会社にとって大きな痛手となる。勢力を拡大しつつある家ブロガーの実情に迫り、建て主との付き合い方を探った。

  • 図解 暗号の用語と仕組み

     ネットワークを安全に利用するには、データの秘密を守る暗号が不可欠だ。公開鍵暗号、共通鍵暗号、ハッシュの三大暗号の仕組みから、IPsecやTLS、無線LANの暗号技術を一気に解説していく。これさえ読めば、暗号はもう怖くない。

  • 変革期の電子技術者

     電子技術者への求人が「歴史的な高水準」と言われるほどの活況を呈している。職種によっては4~5倍もの求人がある。ただし現場では、必要とされる技術の移り変わりが速く、個人の力量が問われる時代が訪れている。この特集では、人材会社、大手メーカー、新興メーカーがそれぞれ望む、電子技術者の姿を追った。

  • 激安10ギガイーサの実力

     10Gビット/秒で通信できる10ギガビットイーサネット。ここにきてネットワークカードで1万円台の製品が登場。KDDI(au)が10ギガイーサ対応の光回線サービスを始めるなど、普及の機運が高まっている。本特集では、手に入りやすくなった10ギガイーサがもたらすメリットやその落とし穴などを5回にわたって…

  • デジタル化を阻む厄介な存在

     目的が不明確なまま号令を下す経営トップ、総論は賛成だが各論で反対に回る抵抗勢力――。デジタル化を進めようとすると、それを阻む厄介な存在が必ずと言っていいほど出てくるものだ。グロービス経営大学院の卒業生で構成する「デジタルトランスフォーメーション研究所」の主席研究員が独自に調査した結果を基に、ありが…