閉じる

AIスピーカー、ビッグウェーブ到来

  • AIスピーカーの「正体」

    「動画専用」脱却へ、AIスピーカー普及で見直されるテレビ

    野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部ビジネスIT推進部  鷺森崇氏

    今から3年以上も前の2014年12月に、まだ招待制で限定販売されていた米Amazon.com社のAIスピーカー「Amazon Echo」を入手して、米国のオフィスで調査。以来、AIスピーカー市場をウオッチしてきたのが調査会社、野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部ビジネスIT推進部 リサーチ&ナ…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    継続使用率1カ月で数%、「AIスピーカー用アプリ」成功の条件

    AIスピーカー(スマートスピーカー)という新市場を開拓し、現在でも7~8割の市場シェアを持つとされる米Amazon.com社。同社が注力しているのが「Amazon Echo」シリーズのラインナップ強化と、サードパーティーが提供する機能やサービスを実現するアプリケーション(アプリ)「Alexa Ski…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    中国で驚きの「速攻開発」 雨後の竹の子、AIスピーカー

    AIスピーカー開発の裏側(後編)

    まさに雨後の竹の子――。世界でAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)の新機種が続々と登場している。特に世界最大のオーディオ機器産業集積地となった中国発ブランドの製品が多く、中国Webサービス企業も後に続いた。日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    普及率15%超で大衆化への道開く AIスピーカー米国最新事情

    米Amazon.com社は2017年11月23日から27日までの米国最大のショッピングシーズン(「感謝祭」から「ブラックフライデー」、そして「サイバーマンデー」まで)の週末の間、同社のサイトで最も売れた商品は音声対話型人工知能(AI)「Alexa(アレクサ)」搭載のAmazon製デバイス、つまりAI…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    誰が造っているのか「Amazon Echo」

    AIスピーカー開発の裏側(前編)

     「2020年には年間1億台の市場に成長」――。こんな予測もあるAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)だが、その製造やサプライチェーンに関する報道はまだ多くない。そこで、2回に分けてAIスピーカーの「製造・サプライチェーン」に焦点を当てる。(前編)では、この市場を切り開いた米Amazon.…日経テクノロジーオンライン

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る