閉じる

AIスピーカー、ビッグウェーブ到来

  • AIスピーカーの「正体」

    リモコンじゃもったいない、AIスピーカーの利用価値

    AIスピーカーは、家電製品のIoT化を一気に進める原動力となる可能性を持つ。ところが、「日本の機器開発はハードウエア志向が強すぎ、IoT機器の常時インターネット接続が単なるリモコン程度の役割にしか使われていない」と主張するのは、明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 准教授の渡邊恵太氏…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    「動画専用」脱却へ、AIスピーカー普及で見直されるテレビ

    野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部ビジネスIT推進部  鷺森崇氏

    今から3年以上も前の2014年12月に、まだ招待制で限定販売されていた米Amazon.com社のAIスピーカー「Amazon Echo」を入手して、米国のオフィスで調査。以来、AIスピーカー市場をウオッチしてきたのが調査会社、野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部ビジネスIT推進部 リサーチ&ナ…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    「UIのコンテンツ化」 AIスピーカーで日本の生きる道

    元・NTTドコモ執行役員、現・大阪大学教授の栄藤稔氏に聞く

    「AIスピーカーの開発は、日本ではゲームのコンテンツクリエーターが活躍する場になる」。発言の主は、元NTTドコモの執行役員で、在籍時には音声エージェント「しゃべってコンシェル」の商用化にも携わった経験を持つ、大阪大学 先導的学際研究機構教授栄藤稔氏である。同氏は機械翻訳エンジンを開発するみらい翻訳の…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    対話AIに活かせ、「キャラ大国」日本の強み

    「対話の中でも“雑談”が一番難しい」――。AI(人工知能)を用いた対話システムや関連製品の開発者たちが、口をそろえて言う言葉だ。雑談を含む「自然な対話」ができる人工知能を実現するカギは何か、対話AIは今後どのように進化していくのかについて、NTTドコモの音声エージェント「しゃべってコンシェル」の対話…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    AIスピーカーにカメラ付いたら?ソニモバ“先取り”で得た知見

    「マルチモーダル」。AIスピーカー(スマートスピーカー)の識者に次のトレンドを尋ねると、多くの場合、この言葉が返ってくる。マルチモーダルとは、視覚や聴覚など複数の手段を使ったインタラクションによりコミュニケーションを図ることを意味する。それを先取りした製品がある。ソニーモバイルコミュニケーションズが…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    継続使用率1カ月で数%、「AIスピーカー用アプリ」成功の条件

    AIスピーカー(スマートスピーカー)という新市場を開拓し、現在でも7~8割の市場シェアを持つとされる米Amazon.com社。同社が注力しているのが「Amazon Echo」シリーズのラインナップ強化と、サードパーティーが提供する機能やサービスを実現するアプリケーション(アプリ)「Alexa Ski…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    理想の姿は「適材適所で連携」、AIも人間と同じ

    シャープの“寄り添う機械”はこうして生まれた(後編)

    音声対話機能を搭載するAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)が続々と登場するなかで、独自のコンセプトに基づく製品で再び注目を集めている企業がある。ロボット型携帯電話「RoBoHoN(ロボホン)」や、同社製スマートフォン(スマホ)に標準搭載する音声アシスタント「emopa(エモパー)」、調理…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    ロボホンの母に学ぶ「愛されAIスピーカー」のつくり方

    シャープの“寄り添う機械”はこうして生まれた(前編)

    音声対話機能を搭載するAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)が続々と登場するなかで、独自のコンセプトに基づく製品で再び注目を集めている企業がある。ロボット型携帯電話「RoBoHoN(ロボホン)」や、同社製スマートフォン(スマホ)に標準搭載する音声アシスタント「emopa(エモパー)」、調理…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    中国で驚きの「速攻開発」 雨後の竹の子、AIスピーカー

    AIスピーカー開発の裏側(後編)

    まさに雨後の竹の子――。世界でAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)の新機種が続々と登場している。特に世界最大のオーディオ機器産業集積地となった中国発ブランドの製品が多く、中国Webサービス企業も後に続いた。日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    AIスピーカー、「業務用」「日本語特化」にこそ勝機あり

    フェアリーデバイセズ 代表取締役CEO 藤野真人氏

    米Amazon.com社、米Google社、そしてLINEなど大手IT企業がBtoC(消費者向け)のAIスピーカーを続々と投入する一方で、全く異なるアプローチを試みるベンチャー企業がある。日本企業としてはいち早く、独自のAIスピーカー(同社では「スマートスピーカー」と定義)のハードウエアを開発し、…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    誰が造っているのか「Amazon Echo」

    AIスピーカー開発の裏側(前編)

     「2020年には年間1億台の市場に成長」――。こんな予測もあるAI(人工知能)スピーカー(スマートスピーカー)だが、その製造やサプライチェーンに関する報道はまだ多くない。そこで、2回に分けてAIスピーカーの「製造・サプライチェーン」に焦点を当てる。(前編)では、この市場を切り開いた米Amazon.…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    AIスピーカー、ここを工夫すればもっと「賢く」なる

    UI・UX専門家の見方(下)

    AIスピーカーが登場したことで、音声のやり取りによる「音声インターフェース」が新たなUI(ユーザーインターフェース)として定着するのでは、との見方がある。一方、現時点では実用性に疑問の声も多い。AIスピーカーの課題と今後の発展の可能性はいかに。各種機器のUI・UX(ユーザーエレクスペリエンス)を専門…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    AIスピーカーの成否、文化的差異も影響大

    UI・UX専門家の見方(上)

     AIスピーカーが登場したことで、音声のやり取りによる「音声インターフェース」が新たなUI(ユーザーインターフェース)としていよいよ定着するのではないかとの観測も出ている。一方で、技術的にまだ未成熟との声もある。AIスピーカーの“現在地”はどうなのか。各種機器のUI・UX(ユーザーエレクスペリエンス…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    開発のカギは「雑談スキル」にあり、人に寄り添う対話ロボット

    アニメの「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のように、人と対等に話ができるだけでなく、人に寄り添い、本物の友人になり得るような対話ロボットの出現が待ち望まれている。先日、AIスピーカー商戦で激戦となっている音声エージェントを色々と試してみる機会があったが、シナリオをベースにしたフローチャート型のものが多か…日経テクノロジーオンライン

  • AIスピーカーの「正体」

    「まだAIじゃない」AIスピーカー、“耳”活かすサービスを

    UEI 代表取締役社長兼CEO 清水亮氏

    米Amazon.com社の「Amazon Echo」、米Google社の「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」・・・。AI(人工知能)による音声対話機能を搭載し、音声操作で音楽再生やショッピング、家電連携などができる「AIスピーカー」。「スマートスピーカー」とも呼ばれるこの製…日経テクノロジーオンライン

  • 続・そろそろソシャゲの秘密を語ろうか

    森川 幸人~知能と無脳、「自然な会話」に向くのはどっち?

     森川 幸人です。今回もゲームに絡めて人工知能(AI)の技術について語っていきたいと思います。最近、AI(人工知能)を使った音声アシスタント端末が注目されています。ゲームの世界でも比較的古くから自動会話プログラムが使われてきました。今日はそのお話をします。日経テクノロジーオンライン

  • シリコンバレーNEXT

    Appleのスピーカー端末「HomePod」、AIよりも音楽を推す謎

     2017年6月5日(米国時間)に開催された「WWDC 17」で米Appleは、事前の予想通り「Amazon Echo」対抗となるスピーカー端末「HomePod」を発表した。AI(人工知能)アシスタントを強調する競合に対して、AppleがHomePodで強調したのは音の良さだった。シリコンバレー NEXT

  • シリコンバレーNEXT

    実はスマホより便利、音声アシスタント「Amazon Echo」

     米Amazon.comの音声アシスタント端末「Amazon Echo」を使い始めることで、スマートフォン(スマホ)の使い勝手にストレスを感じるようになった。使えば使うほど良さが分かるデバイスというのは、なかなか珍しい。シリコンバレー NEXT

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る