閉じる

SENSING

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    材料に“心”を宿らせよ

    対談:宇治原 徹氏(名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授)(後編)

    今回のSUPER SENSING問答では、初めて東京大学を飛び出しました。お相手は、結晶成長の専門家、名古屋大学未来材料・システム研究所 教授宇治原 徹氏です。盛り上がりすぎて長くなったため、3回に分けて掲載します。今回はその後編です。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    最先端技術のテーマパークが欲しい

    対談:宇治原 徹氏(名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授)(中編)

    今回のSUPER SENSING問答では、初めて東京大学を飛び出しました。お相手は、結晶成長の専門家、名古屋大学未来材料・システム研究所 教授宇治原 徹氏です。盛り上がりすぎて長くなったため、3回に分けて掲載します。今回はその中編です。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    研究者はAIに負けない

    対談:宇治原 徹氏(名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授)(前編)

    今回のSUPER SENSING問答では、初めて東京大学を飛び出しました。お相手は、結晶成長の専門家、名古屋大学未来材料・システム研究所 教授宇治原 徹氏です。盛り上がりすぎて長くなったため、3回に分けて掲載します。今回はその前編です。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    究極のVRは、時間軸と心をいじる

    対談:廣瀬 通孝氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 教授)(後編)

    2016年はVR(仮想現実感)元年といわれます。「Oculus Rift」を始め、HTC社の「HTC Vive」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PS VR」と一般ユーザーを狙ったVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)が販売されるからです。このVRの研究を、第1期ブーム(1990年…日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    くだらない研究ができる今どきのVR

    対談:廣瀬 通孝氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科知能機械情報学専攻 教授)(前編)

    2016年はVR(仮想現実感)元年といわれます。「Oculus Rift」を始め、HTC社の「HTC Vive」、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PS VR」と一般ユーザーを狙ったVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)が販売されるからです。このVRの研究を、第1期ブーム(1990年…日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    自動運転後の戦略策定が急務

    対談:鎌田実氏(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授)(後編)

     一人乗りや二人乗りの超小型自動車、「超小型モビリティ」。2013年に国土交通省が公道走行の許可を始めましたが、1997年からその普及に尽力されてきたのが、東京大学教授の鎌田実氏です。現在、国土交通省と経済産業省の「自動走行ビジネス検討会」の座長、AMED(日本医療研究開発機構)ロボット介護機器開発…日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    ヒトを見た道具を作れ

    対談:鎌田実氏(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授)(前編)

    一人乗りや二人乗りの超小型自動車、「超小型モビリティ」。2013年に国土交通省が公道走行の許可を始めましたが、1997年からその普及に尽力されてきたのが、東京大学教授の鎌田実氏です。現在、国土交通省と経済産業省の「自動走行ビジネス検討会」の座長、AMED(日本医療研究開発機構)ロボット介護機器開発導…日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    センシングでヒトは変わる

    対談:渡邊 克巳氏(早稲田大学 理工学術院(基幹理工学部)教授)(後編)

    人工知能(AI)はヒトを超えるか。そんな議論が今、盛り上がっています。そのAIの分野に飛び込んで正面から海外勢と戦うのではなく、入力であるセンシングと出口である情報提示システムを攻めた方が日本らしいと提案するのが、早稲田大学教授の渡邉克巳氏です。今回は後編です。日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    日本はセンシングで勝負せよ

    対談:渡邊 克巳氏(早稲田大学 理工学術院(基幹理工学部)教授)(前編)

    人工知能(AI)はヒトを超えるか。そんな議論が今、盛り上がっています。そのAIの分野に飛び込んで正面から海外勢と戦うのではなく、入力であるセンシングと出口である情報提示システムを攻めた方が日本らしいと提案するのが、早稲田大学教授の渡邉克巳氏です。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    センシング粒度向上の先に新しい世界

    対談:割澤伸一氏(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)

    今回登場いただくのは、センサーの研究者、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授の割澤 伸一氏です。センサーを身につけていることを気にしない、センシングされていることが普通になる。そんな世界の到来を提言されています。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    自動運転にディープラーニング以外の道はある

    対談:神崎亮平氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)(後編)

    昆虫のセンサや脳を研究することで、驚異的な性能のセンサや効率的な処理回路を開発する。そんな研究をされているのが、東京大学 先端科学技術研究センター 教授の神崎亮平氏です。後編となる今回は、昆虫の驚異の能力の本質が、さらに明らかになります。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    昆虫を知れば、ヒトが見える

    対談:神崎亮平氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)(前編)

    昆虫のセンサーや脳を研究することで、驚異的な性能のセンサーや効率的な処理回路を開発する。そんな研究をされているのが、東京大学 先端科学技術研究センター 教授の神崎亮平氏です。今回、昆虫センサーの驚異の能力について話を伺いました。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    “私”を知らない私

    SUPER SENSINGへの誘い(3)

     欧州におけるセンサーテクノロジーやセンシングの技術実装の現状を視察する目的でスペインのバルセロナを訪れている日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    積み上げた先に、もはや解はない

    対談:中尾政之氏(東京大学 工学研究科 機械工学専攻 教授)

    今回の対談相手は、失敗学でおなじみ、東京大学 工学研究科 機械工学専攻 教授の中尾政之氏。今回のインタビューで見えてきたのは、積み上げ型ではなく、課題発見型の人材を育成しなければならないという、教育者としての強烈な思いだ。(編集部)日経テクノロジーオンライン

  • センシングデータビジネス最前線

    IoTだからといって、世の中をガラッと変えなくてもいい

    日本企業が狙うべきIoT市場(後編)

    IoTのビジネスは何もガラッと世の中を変えるようなものではなくてもいいということです。なければないで生活はできるけれど、ないよりもあった方がいいねというような、そういうところにビジネスチャンスがあります。つまり、小さな価値を提供しているという意味で地味なのです。そういう地味なところで人の便利な暮らし…日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    不安で期待をセンシング?

    SUPER SENSINGへの誘い(2)

    何か分からない事や決まっていない事が在ると「不安」になる。この後、きっと良くない事が起きるであろうと言う予感がした時には強い「不安」に襲われる。反対に何か好ましい事が起きるに違いないと想像した時には「期待感」で頭が一杯になる。私達は日常的に「不安」や「期待」の間を行ったり来たりしている。日経テクノロジーオンライン

  • 中川聰のSUPER SENSING問答

    未だ見ぬ過去、懐かしい未来

    SUPER SENSINGへの誘い(1)

    super sensing forumの代表を務める中川聰氏のインタビューコラム「中川聰のSUPER SENSING問答」。第1回目となる今回は、中川氏自らがSUPER SENSINGの発想の源流となった、「センサーによる知覚拡張がもたらす未来」への思索を綴る。日経テクノロジーオンライン

  • センシングデータビジネス最前線

    シリコンバレーとの競争は不毛、商機は「地方」にあり

    日本企業が狙うべきIoT市場(前編)

    私は、IoTのうちBtoCの分野では、もはや日本は米国と戦えないと思っています。動きの速いBtoCはシリコンバレーに任せて、我々日本は別の分野を探した方がいいのだろうと思っています。例えば、IoTの中でもBtoBの分野であったり、BtoCでも大量生産ではなくニッチな市場を攻めたりするのがいいと思いま…日経テクノロジーオンライン

  • センシングデータビジネス最前線

    上司はどの部下をケアすべきか、それも人工知能が決める

    ビッグデータから「金の卵」を生み出す方法(後編)

     長年の経験を踏まえて、我々は人のデータを取るときに気を付けていることがあります。それは、とにかく「目的をはっきりさせる」ことです。本人にとってもきちんとメリットがあるということが重要で、目的についても部門長から従業員の方々に説明してもらいます。本人にも、データを分析した結果のフィードバックという形…日経ものづくり

  • センシングデータビジネス最前線

    仮説を作ることさえも人工知能の仕事になる

    ビッグデータから「金の卵」を生み出す方法(前編)

     「人が仮説を作って、コンピューターとデータを使ってそれを検証する」のはよくある間違った思い込みです。人間は問題と膨大なデータをコンピューターに与え、コンピューターがある仮説を作って結論を出し、最終的に人間が判断するのです。我々がやっているのは、世の中で最も進んでいる取り組みだという自負があります。日経ものづくり

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

総合

もっと見る