• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • PHC、薬剤師の業務改善を目指した電子薬歴システム PHC、薬剤師の業務改善を目指した電子薬歴システム PHCは、保険薬局用電子薬歴システムの新製品「PharnesV-MX」を発売した。薬剤師の業務を改善し、負担軽減により患者の指導やコミュニケーションを強化すること目指す。 [2018年06月21日]
  • 芙蓉開発の「安診ネット」、JBCCの電子カルテと連携 芙蓉開発の「安診ネット」、JBCCの電子カルテと連携 筑紫南ヶ丘病院に試験導入 芙蓉開発(福岡市)は、在宅・介護施設向け遠隔健康管理システム「安診ネット」をJBCCのWeb電子カルテ「Ecru」と連携させ、医療法人芙蓉会 筑紫南ヶ丘病院に試験導入した。同病院での運用実績を積み、今後全国販売につなげる。 [2018年06月20日]
  • PHCの電子カルテ、「千年カルテ」との連携を可能に PHCの電子カルテ、「千年カルテ」との連携を可能に 次世代医療基盤法を踏まえた実証実験 PHCは2018年6月18日、特定非営利活動法人 日本医療ネットワーク協会と医療データ連携に関する業務委託契約の締結を発表した。同協会が推進する医療情報の収集と利活用に関する研究事業「千年カルテプロジェクト」において開発された共同利用型医療情報連携基盤「千年カルテ」とPHCの電子カルテシステムを接続し、医療情報を安全、適切に二次利用できる仕組みの実証実験を目的としている。 [2018年06月20日]
  • 日立ヘルスケアシステムズ、診療所向け電子カルテ 日立ヘルスケアシステムズ、診療所向け電子カルテ 日立製作所からの事業承継後、初めての製品 日立ヘルスケアシステムズは、有床診療所向けクラウド型電子カルテサービス「Open-Karte Cloud」と、無床診療所向け画像ビューアー一体型電子カルテシステム「Hi-SEED W3 EXV」の提供を開始する。同社は、日立製作所のヘルスケア事業拡大に向けて、電子カルテ事業などを集約し2018年4月に誕生した。今回の2製品は、日立製作所からの事業承継後、初めての製品となる。 [2018年06月20日]
  • 排尿障害の遠隔診療モデル確立へクラウドファンディング 排尿障害の遠隔診療モデル確立へクラウドファンディング モバイル尿流量計を活用、ゼオシステムと神奈川県医療機器コーディネーターネットワーク ゼオシステムと神奈川県医療機器コーディネーターネットワーク(MedeK)は共同で、ゼオシステムが開発中のモバイル尿流量計「Freeflow」を活用した排尿障害の遠隔診療モデル確立のための実証実験費用を、クラウドファンディングサイト「FAAVO」の全面協力で2018年6月11日に開始した。成立すれば、クラウドファンディングによる医療機器の実証実験が神奈川県で初めて実現するという。 [2018年06月11日]
  • FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション FiNCとNEC、人間の歩行に着目したソリューション 靴やインソールに搭載したセンサーデータから健康アドバイス デジタルヘルスベンチャーのFiNCとNECは、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発する。慣性センサー(IMU:Inertial Measurement Unit)や通信モジュール、電源などを内蔵したウエアラブルセンサーを靴やインソールに搭載し、人の歩行データを取得。これらのデータから歩行状態(歩幅や歩行速度など)を高精度に推定する。 [2018年06月06日]
  • 富士通、中規模病院向け電子カルテ新製品 富士通、中規模病院向け電子カルテ新製品 富士通は2018年6月5日、300床未満の中堅規模病院に向けた電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-MX(ホープ ライフマークエムエックス)」の販売を開始した。販売価格は3500万円から(ハードウエア、ミドルウエア、セットアップ費用、操作指導などのサービス費用を含む)。2019年度末までに200病院への導入を目指す。 [2018年06月05日]
  • メディカルノートが「Yahoo!検索」と連携 メディカルノートが「Yahoo!検索」と連携 検索結果に医療情報を提供 一般向けの医療情報サイト「Medical Note」を手掛けるメディカルノートが、ヤフーが運営する「Yahoo!検索」と連携する。Yahoo!検索の検索結果画面に、各種疾病に関する情報提供を開始した。 [2018年06月04日]
  • 排泄予測デバイス「DFree」、いよいよ一般向けに 排泄予測デバイス「DFree」、いよいよ一般向けに 個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始 トリプル・ダブリュー・ジャパンは、排泄予測デバイス「DFree」をいよいよ一般向けにも展開する。2018年7月1日に、個人向けサービス「DFree Personal」の販売・提供を開始。販売価格は4万9800円(税別)で、14日間の返金保証を付属する。 [2018年06月01日]
  • ICU患者を遠隔集中管理、生産性改善や医療の質向上を ICU患者を遠隔集中管理、生産性改善や医療の質向上を 昭和大学とフィリップスの「eICU」、2病院で稼働開始 昭和大学は、「遠隔集中治療患者管理プログラム(eICU)」の稼働を昭和大学病院および昭和大学江東豊洲病院において開始した。医療従事者の労働生産性改善やICU滞在日数の短縮・適正化などを目指す。 [2018年05月30日]
  • オンライン健康相談「first call」、NTTドコモのdヘルスケアと連携 オンライン健康相談「first call」、NTTドコモのdヘルスケアと連携 メドピアの連結子会社で、オンライン健康相談サービス「first call」を提供するMediplatは、NTTドコモが提供する「dヘルスケア」とサービス連携した。これによりdヘルスケアの有料会員であれば(月額利用料500円)、first callで身体の疑問や不調を感じたときにチャットやテレビ電話で医師に直接相談できる。 [2018年05月16日]
  • 情報医療が11億の資金調達、AI開発を推進 情報医療が11億の資金調達、AI開発を推進 デジタルヘルスベンチャーの情報医療は、2018年4月末までに三菱商事など4社から11億円を調達した。さまざまな医療現場の実情に対応した人工知能(AI)の開発が目的。第三者割当増資の引受先となった各社に加え、今後も幅広い事業会社、病院、研究機関などと連携して、医療の情報を適切に活用するためのソリューションを生み出すとしている。 [2018年05月15日]
  • カケハシが9億円調達、次世代電子薬歴システムの機能拡充へ カケハシが9億円調達、次世代電子薬歴システムの機能拡充へ 新規事業立ち上げを見据えた組織基盤の強化も デジタルヘルスベンチャーのカケハシは、総額約9億円の資金調達を完了したことを発表した。調達先は、グロービス・キャピタル・パートナーズと伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Salesforce Ventures、SMBCベンチャーキャピタル、および既存投資家であるDraper Nexus Venture Partners、グリーベンチャーズ、500 Startups Japanである。 [2018年05月14日]
  • 富士通、妊産婦・子育て世帯の支援サービス 富士通、妊産婦・子育て世帯の支援サービス 「MBTコンソーシアム」での実証を経て商品化 富士通は、自治体や医療機関との連携により妊娠期を迎えた妊産婦や子育て世帯のケアなどを支援する「FUJITSU IoT Solution子育て支援ソリューション 妊娠期・子育て支援サービス」の提供を2018年5月11日に開始した。自治体や医療機関に向けて提供する。 [2018年05月14日]
  • 大森医師会がSNS「マチマチ」と連携、医師会の情報を住民へ 大森医師会がSNS「マチマチ」と連携、医師会の情報を住民へ コミュニティー活性化を通じた地域の健康促進を目指す ご近所限定のオンライン掲示板「マチマチ」を開発・運営するマチマチは、地域のコミュニティー活性化を通じた地域の健康促進を目的とする包括連携協定を、大森医師会と締結した。マチマチと医師会の協定締結は今回が初。 [2018年05月14日]
  • メディカルノートが名大病院小児外科と提携 メディカルノートが名大病院小児外科と提携 患者・家族向けに小児外科領域の信頼できる情報発信を強化 メディカルノートは、名古屋大学医学部附属病院 小児外科と情報発信における提携を開始した。患者や家族が疾患や手術に対する理解を深め、安心して治療を受けられるよう、小児外科領域における信頼できる情報発信を強化していく。 [2018年05月09日]
  • LED光源内視鏡で微小病変の発見を支援、富士フイルム LED光源内視鏡で微小病変の発見を支援、富士フイルム 血管強調など3種類の画像を同時取得 富士フイルムは、LED光源を搭載した内視鏡システム「6000システム」を発表した。富士フイルムメディカルを通じて2018年5月16日に発売する。「第95回 日本消化器内視鏡学会総会」(2018年5月10~12日)で披露する。 [2018年05月09日]
  • 電子カルテとオンライン診療のシステム連携で合意 電子カルテとオンライン診療のシステム連携で合意 PHCとインテグリティ・ヘルスケア PHCホールディングスの100%子会社であるPHCは、インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療システム「YaDoc」のPHCによる販売と、PHCが販売する電子カルテシステムとYaDocの連携に関する基本合意を締結した。電子カルテとオンライン診療のシステム連携によって、効率的な情報管理を狙う。 [2018年05月09日]
  • 利用者の自立可能性を見出し、最適なケアプラン提案 利用者の自立可能性を見出し、最適なケアプラン提案 シーディーアイ、38事業所に実証版を試験導入 人工知能(AI)によるケアプラン作成の取り組みを進めているシーディーアイは、学習した経験値から介護サービス利用者の自立可能性を見出し、最適なケアプランと将来予測を提案するシステム「CDI Platform MAIA」実証版を開発した。全国各地の15法人が試験導入し、38事業所に所属する104人のケアマネジャーがケアマネジメントの現場で利用していく予定という。 [2018年05月02日]
  • テレビやセンサーを活用して自宅を病室に テレビやセンサーを活用して自宅を病室に オプティムが在宅医療支援サービスを全国展開 オプティムは、人工知能(AI)やIoTを活用した在宅医療支援サービス「Smart Home Medical Care」の提供を全国の医療機関向けに始める。在宅医療にかかわる業務の負荷軽減や効率化を推進するサービスである。 [2018年05月02日]
  • 外科医の職人芸をAIでアプリ化、共有可能に MEDTEC Japan 2018 外科医の職人芸をAIでアプリ化、共有可能に 「医療技術には大きなアセットが眠っている」と情報医療の原氏 デジタルヘルスベンチャーの情報医療は、人工知能(AI)の医療応用への取り組みについて、「MEDTEC Japan 2018」(2018年4月18~20日)併設の「ヘルスケアIT 2018」の展示ブースやセミナーで紹介した。同社はAIの医療応用の中でも、開発例が多い「識別」ではなく、「予測」や「介入」などの領域に力を入れており、会場ではその一端を披露した。 [2018年05月01日]
  • 小児科医不在の町、小児科医に遠隔相談する仕組みを実証 小児科医不在の町、小児科医に遠隔相談する仕組みを実証 鹿児島県錦江町と埼玉県横瀬町、Kids Publicの「小児科オンライン」活用 デジタルヘルスベンチャーのKids Publicは、鹿児島県錦江町および埼玉県横瀬町と連携し、スマホで小児科医に遠隔で相談ができる同社の「小児科オンライン」を利用した共同実証実験を2018年6月1日に開始する。両町は小児科医が不在。全国の小児科医へのアクセシビリティーを向上させることで、子育て世帯の不安や経済的・時間的負担の軽減がもたらされるかを評価する。 [2018年05月01日]
  • 検査結果を数日後に患者のスマホに、名古屋臨床検査センター 検査結果を数日後に患者のスマホに、名古屋臨床検査センター メディカルデータカードの「MeDaCa」を活用 かかりつけ医のクリニックで受けた臨床検査の結果を、数日後に患者が自分のスマートフォンなどで参照できる――。こうしたサービスを名古屋医師協同組合 名古屋臨床検査センターが開始した。メディカルデータカードが提供する医療機関向けWebサービス「MeDaCa Pro」と患者向け医療アプリ「MeDaCa」を利用する [2018年04月27日]
  • NASH治療アプリを多施設で臨床試験、キュア・アップ NASH治療アプリを多施設で臨床試験、キュア・アップ さらなるエビデンス構築と品質改善へ デジタルヘルスベンチャーのキュア・アップは、NASH(非アルコール性脂肪肝炎:Non-Alcoholic Steatohepatitis)専用の治療アプリ「NASH App」に関し、多施設での臨床試験を開始すると発表した。NASH Appは、同社が東京大学医学部附属病院 消化器内科 小池和彦教授・佐藤雅哉助教らのグループと共同で開発し、2016年からフィージビリティ試験を実施している。今回の取り組... [2018年04月27日]
  • 日立、読影医の知見とディープラーニングを融合 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 日立、読影医の知見とディープラーニングを融合 「ハイブリッド・ラーニング」のコンセプトと開発計画を紹介 医師の知見を取り入れ、病変検出の根拠を説明できるAI(人工知能)アプリケーション――。これは、日立製作所が現在、開発を進めているAIによる画像診断技術である。 [2018年04月27日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング