• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • 「肺動脈と肺静脈を区別できる」、テラリコン 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 「肺動脈と肺静脈を区別できる」、テラリコン 診断支援ソリューションの新製品を紹介 テラリコン・インコーポレイテッドは、X線CT装置やMRIで撮影した画像を処理する診断支援ソリューション「Aquarius iNtuition Server」シリーズの新製品を「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)で紹介した。同年4月末に販売を開始する。 [2018年04月20日]
  • JIRA小松会長、「医療機器へのAI実装を促進する」 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) JIRA小松会長、「医療機器へのAI実装を促進する」 日本画像医療システム工業会(JIRA)は、「ITEM 2018」の初日に記者会見を開催した。会長の小松研一氏は、「政府が掲げる成長戦略である“Society 5.0”の実現を見据えてICT技術を活用し、医療に貢献していく」と強調し、2018年度の活動基本方針を説明した。 [2018年04月19日]
  • キヤノンメディカル、人工知能をCT再構成に活用 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) キヤノンメディカル、人工知能をCT再構成に活用 今回の技術を搭載したX線CT装置を4月に日本で発売 キヤノンメディカルシステムズは、人工知能(AI)の手法を採り入れたCT再構成技術「AiCE(Advanced Intelligent Clear-IQ Engine)」を開発し、X線CT装置の上位機種「Aquilion Precision」に搭載。世界に先駆け、2018年4月に日本で販売を開始する。被曝量低減や再構成時間短縮につながる技術で、AIに基づくCT再構成技術を実用化するのは業界初という。... [2018年04月19日]
  • 血管撮影装置とCTが一つのモダリティのように連携 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 血管撮影装置とCTが一つのモダリティのように連携 シーメンス、イメージガイド下治療向けの新コンセプト シーメンスヘルスケアは、血管撮影(アンギオ)装置とX線CT装置、MRIなど複数の画像診断装置を連携させる新コンセプト「nexaris Therapy Suites」を「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)で発表した。イメージガイド下治療(Image-Guided Therapy)のワークフロー改善を支援する。異なるモダリティ間で互いの位置を把握できるよう... [2018年04月17日]
  • インテグリティ・ヘルスケアが7.5億円の資金調達 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る インテグリティ・ヘルスケアが7.5億円の資金調達 オンライン診療システム「YaDoc」のさらなる普及目指す インテグリティ・ヘルスケアは、住友商事など3社から総額7億5000万円の資金調達を完了した。資金調達は住友商事を含む大手事業会社3社を引受先とする第三者割当増資により実施した。オンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」を活用した新しい医療インフラの創造を目的とした資金調達だとしている。 [2018年04月16日]
  • キヤノン御手洗会長、「自画自賛だが、すごい進化」 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) キヤノン御手洗会長、「自画自賛だが、すごい進化」 会場を視察、「医療は永遠に存在する部門だ」と語る キヤノン 代表取締役会長CEOの御手洗冨士夫氏は「2018 国際医用画像総合展(ITEM 2018)」初日の2018年4月13日、展示会場を視察した。2016年12月に子会社化したキヤノンメディカルシステムズなどキヤノングループ5社が「ワン・キヤノン」(キヤノンメディカルシステムズ 代表取締役社長の瀧口登志夫氏)として共同出展したブースを熱心に見て回った。 [2018年04月16日]
  • 「プレシジョン・ヘルスに軸足」、GEヘルスケア 特集・解説 デジタルヘルス事例 「プレシジョン・ヘルスに軸足」、GEヘルスケア 多田社長、成長戦略発表会で GEヘルスケア・ジャパンは2018年4月11日、「2018年成長戦略発表会」を開催し、同社代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏が登壇した。検査・診断・治療・予後の全領域で、コストを抑えつつ個別化したケアを提供する「Precision Health(プレシジョン・ヘルス)」に注力する方針を示した。「プレシジョン・ヘルスに向かって経営を進め、医療のコスト上昇や質のバラつきなどの課題解決につなげていく」... [2018年04月13日]
  • 「医用画像診断にAIを本格展開」、シーメンス 特集・解説 デジタルヘルス事例 「医用画像診断にAIを本格展開」、シーメンス 事業戦略の柱に位置付け、プレシジョン・メディシンにも活用 シーメンスヘルスケアは2018年4月5日、報道機関向け説明会を東京都内で開催し、事業戦略や「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)への出展について説明した。登壇した同社代表取締役社長兼CEOの森秀顕氏は、撮影条件の最適化や読影支援など、医用画像診断の幅広い領域に人工知能(AI)を活用する方針を明らかにした。 [2018年04月09日]
  • 「74%の医療機関でオンライン診療が算定可能に」 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る 「74%の医療機関でオンライン診療が算定可能に」 インテグリティ・ヘルスケア、オンライン診療の保険収載を受け説明会 「オンライン診療が新しい医療の形として、保険診療の一部になったことは非常に大きい。歴史に残る改定といえる」――。 [2018年04月04日]
  • シミック、治験データ入力に音声認識を導入 ニュース シミック、治験データ入力に音声認識を導入 NECの技術を活用、治験支援システムの実証実験を全国展開 医薬品開発支援事業を手掛けるシミックホールディングスは、iPhoneアプリによる治験支援システムに、NECのAI技術群「NEC the WISE」の一つである音声認識技術を活用したデータ入力ソリューションを導入した。既に2018年3月から治験施設支援機関(SMO)の治験データ入力や業務進捗管理における実証実験を開始し、SMOの治験コーディネーター(CRC)50人が同システムを使用している。同年4月... [2018年04月04日]
  • オンライン診療料の算定要件、厚労省が疑義解釈示す 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る オンライン診療料の算定要件、厚労省が疑義解釈示す 緊急時の対面診察「30分以内」は厳密でなくても可 厚生労働省保険局医療課は2018年3月30日、2018年度診療報酬改定に関する疑義解釈を示す事務連絡を出した。新設のオンライン診療料については、緊急時に対面診察までに要する時間について、「概ね30分以内」とした施設基準があくまでも目安である旨の解釈を示した。 [2018年04月03日]
  • カナミック、旭川医大に遠隔医療・介護共同研究講座を設置 ニュース カナミック、旭川医大に遠隔医療・介護共同研究講座を設置 IoTを活用した地域包括ケアのグローバルモデル構築を目指す カナミックネットワークは、旭川医科大学に2018年4月1日に共同研究講座を設置した。IoTを活用した地域包括ケア・グローバルモデルの構築を目指した遠隔医療・介護共同研究を開始する。 [2018年04月02日]
  • 議論百出、オンライン診療の算定要件 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る 議論百出、オンライン診療の算定要件 関係者が懸念する3つのポイント いよいよ2018年4月1日に実施となった2018年度診療報酬改定。ここでは、スマートフォンのビデオ通話機能などを用いた診療(オンライン診療)に対する報酬が新設された。オンライン診療が保険医療の一つに位置付けられたことを歓迎する声がある一方で、算定要件の予想外の厳しさへの戸惑いも見られる。 [2018年04月02日]
  • 遠隔服薬指導 用語辞典 デジタルヘルス用語 遠隔服薬指導 薬剤師が、薬の服用に関する患者への情報提供と指導を、テレビ電話などオンラインの手段を使って行うこと。薬剤師法および医薬品医療機器等法では現状、服薬指導は対面で行うことが義務づけられており、遠隔服薬指導は国家戦略特区でのみ実施が許されている。2018年度診療報酬改定でオンライン診療に対する評価が新設されたことを受けて、遠隔服薬指導の規制緩和を求める声が高まっている。薬の交付と服薬指導を含め、一気通貫... [2018年04月02日]
  • NECとイーエムシステムズ、健康・医療分野で協業 ニュース NECとイーエムシステムズ、健康・医療分野で協業 診療所・保険薬局向け次世代システムなどを開発 NECと保険薬局向けシステムを手掛けるイーエムシステムズは、健康・医療分野において2018年3月から協業を開始した。それぞれの知見や技術を活用し、健康・医療分野の新たなサービスの創出を目指す。 [2018年04月01日]
  • 「複数医交代でのオンライン診療は可能」、厚労省 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 「複数医交代でのオンライン診療は可能」、厚労省 オンライン診療の運用ガイドラインまとまる 厚生労働省は2018年3月29日、「情報通信機器を用いた診療に関するガイドライン作成検討会」の第3回会合を東京都内で開催した。この議論を踏まえて同月30日、「オンライン診療の適切な実施に関する指針」を公表する。 [2018年03月30日]
  • 和歌山県立医大など、5G活用の遠隔診療 ニュース 和歌山県立医大など、5G活用の遠隔診療 NECが基地局システム提供、13医療機関と和歌山県立医大を接続 NECは、NTTドコモ、和歌山県、和歌山県立医科大学が実施した遠隔診療の実証試験に、5G(第5世代移動通信システム)向け基地局システムを提供した。和歌山県立医科大学と約30km離れた診療所間で4K解像度によるテレビ会議、患部画像や超音波診断・MRI画像の共有を実現した。 [2018年03月30日]
  • オンライン診療システムが日本医師会ORCAと連携 特集・解説 デジタルヘルス事例 オンライン診療システムが日本医師会ORCAと連携 インテグリティ・ヘルスケアの「YaDoc」、今後は電子カルテとの連携も インテグリティ・ヘルスケアは2018年3月29日、同社のオンライン診療システム「YaDoc(ヤードック)」と日本医師会ORCA管理機構の「日医標準レセプトソフト クラウド版(通称クラウド版ORCA)」をシステム連携させると発表した。レセプト側の患者情報を活用して、オンライン診療システムに患者情報を自動的に取り込めるようにする。既存の医療インフラとの連携を通じ、オンライン診療の導入促進につなげたい考... [2018年03月29日]
  • 札幌 豊生会の地域医療を支える情報共有システム 特集・解説 デジタルヘルス事例 札幌 豊生会の地域医療を支える情報共有システム 800人を超える在宅患者の情報を共有  札幌市東区を拠点として医療・介護・福祉の継続したサービスを提供する医療法人社団 豊生会は、医療情報共有システム「HoNet」を運用、グループのクリニックと訪問看護ステーションが一体となって地域の在宅医療を支えている。 [2018年03月29日]
  • 田中耕一氏に聞く、アルツハイマー病変早期検出の意義 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 田中耕一氏に聞く、アルツハイマー病変早期検出の意義 ノーベル賞技術を活用、わずか0.5mLの血液から わずか0.5mLの血液からアルツハイマー病変を超早期に検出する――。そんな技術を島津製作所と国立長寿医療研究センターが確立した。今回の成果はアルツハイマー病の診断や治療にどう寄与する可能性があるのか、田中氏など開発チームに話を聞いた。 [2018年03月28日]
  • IT×医療で東南アジアの在留邦人を支援、メディカルノート ニュース IT×医療で東南アジアの在留邦人を支援、メディカルノート デジタルヘルスベンチャーのメディカルノートは、アジア有数規模のバンコク病院との業務提携を開始した。メディカルノートはバンコク病院の日本人向け病院案内やITを活用した予約サポートの拡充などを行う。東南アジアの在留邦人の生活を医療面で支援する。 [2018年03月27日]
  • IIJの医療・介護連携プラットフォーム、モバイル版が追加 ニュース IIJの医療・介護連携プラットフォーム、モバイル版が追加 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年3月26日、在宅医療に関わる多職種が医療・介護情報を共有するプラットフォーム「IIJ電子@連絡帳サービス」に関して、タブレット端末やスマートフォンでの使用に特化したモバイル版の提供を開始した。モバイルに特化したインタフェースを用意することで、現場で活動する医師やコメディカルの業務効率を向上することを狙う。 [2018年03月27日]
  • 田辺三菱製薬と日立、AI活用の臨床試験効率化でタッグ ニュース 田辺三菱製薬と日立、AI活用の臨床試験効率化でタッグ 田辺三菱製薬と日立製作所は2018年3月26日、新薬開発における臨床試験の効率化に向けた協創を開始したと発表した。臨床試験全般の幅広い業務において日立の人工知能(AI)などを用いて臨床試験を効率化し、新薬開発の期間短縮と開発コスト削減、成功確率の向上を目指す。 [2018年03月26日]
  • 2018年アジア太平洋地域ヘルスケア市場の5大トレンド ニュース 2018年アジア太平洋地域ヘルスケア市場の5大トレンド フロスト&サリバンが予測 フロスト&サリバンは、2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場における5大トレンドを発表した。すなわち、(1)新興市場でのニーズ増大により病院設立が拡大へ、(2)民間の医療保険会社によるテクノロジーを活用した革新的な保険サービスの提供、(3)医療ツーリズムの中国とインドからの患者数は2018年に合計1億7000万人に到達の見込み、(4)ASEAN地域の調和統合、(5)予防医療・ウェルネスの取り... [2018年03月26日]
  • 情報医療、日本生命と糖尿病重症化予防プログラムを開発 ニュース 情報医療、日本生命と糖尿病重症化予防プログラムを開発 オンライン診療サービス「curon」を活用 デジタルヘルスベンチャーの情報医療は、日本生命保険相互会社と糖尿病予備群向け重症化予防プログラムの開発に着手する。情報医療のオンライン診療サービス「curon」(クロン)を活用して医療現場と患者とのコミュニケーションをサポートすることを通じ、糖尿病の重症化予防の実現を目指す。 [2018年03月24日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング