• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

  • グラス装着で眼球運動を定量化、めまい検査を支援 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2018 グラス装着で眼球運動を定量化、めまい検査を支援 第一医科などが開発 グラスを装着するだけで、リアルタイムにめまい検査を行うことができる。そんなシステムを第一医科(東京都文京区)とYOODS(山口市)がそれぞれ披露した。両者と山口大学医学部の3者が共同開発した、眼球運動検査装置「yVOG-Glass(ワイボーグ・グラス)」と眼球運動検査装置用プログラム「yVOG(ワイボーグ)」を組み合わせたシステムである。 [2018年04月25日]
  • エルピクセル、“AI診断”の追い風に乗り協業拡大 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) エルピクセル、“AI診断”の追い風に乗り協業拡大 画像診断装置やPACSのメーカーとの提携相次ぐ 「2018 国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)の会場で目立ったのが、医療画像診断への人工知能(AI)の活用に関する展示だ。画像診断装置やPACS(医用画像情報システム)のベンダーが、AI関連技術を競ってアピールした。 [2018年04月25日]
  • 難病の早期発見へAI活用、東京医科歯科大と日立 特集・解説 デジタルヘルス事例 難病の早期発見へAI活用、東京医科歯科大と日立 オープンイノベーション制度に基づく連携協定を締結 東京医科歯科大学(TMDU)と日立製作所は2018年4月19日、難病を鑑別診断する仕組みの研究開発に関する連携協定を結んだ。東京医科歯科大の難病に関する知見やデータと日立の医療機器や人工知能(AI)技術などを基に、専門医がいない病院や診療所でも潰瘍性大腸炎やパーキンソン病などの難病を早期発見し、早期介入できることを目標にする。 [2018年04月23日]
  • 「尿でがん検査」、日立と名大病院が実証試験 特集・解説 デジタルヘルス事例 「尿でがん検査」、日立と名大病院が実証試験 2020年代初めの実用化を目指す 日立製作所は、尿を用いたがん検査の実用化に向けた実証試験を2018年4月に開始する。名古屋大学医学部附属病院とシミックファーマサイエンスが協力し、半年間をかけて実施。尿検体の管理や搬送方法、検査のコスト構造などを分析し、実用化に向けた課題を洗い出す。この実証試験を踏まえて「2020年代の初めごろに実用化したい」(日立製作所 研究開発グループ 基礎研究センタの坂入実氏)という。 [2018年04月20日]
  • CT装置見下ろすAIカメラ、患者に合わせ撮影最適化 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) CT装置見下ろすAIカメラ、患者に合わせ撮影最適化 シーメンス、X線CT装置に「FAST 3D Camera」搭載 「医用画像診断ではこれまで、精度や分解能、撮影速度に軸足を置いていた。今後は患者一人ひとりの性別や体型、生活習慣などの違いを考慮して撮影条件を設定し、より正確な診断や治療効果の定量化を実現したい」。シーメンスヘルスケア 執行役員 ダイアグノスティックイメージング事業本部 事業本部長の黒木慎也氏はこう話す。同社はプレシジョンメディスン(個別化医療)の推進をうたい、「2018国際医用画像総合展(ITE... [2018年04月20日]
  • キヤノンメディカル、人工知能をCT再構成に活用 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) キヤノンメディカル、人工知能をCT再構成に活用 今回の技術を搭載したX線CT装置を4月に日本で発売 キヤノンメディカルシステムズは、人工知能(AI)の手法を採り入れたCT再構成技術「AiCE(Advanced Intelligent Clear-IQ Engine)」を開発し、X線CT装置の上位機種「Aquilion Precision」に搭載。世界に先駆け、2018年4月に日本で販売を開始する。被曝量低減や再構成時間短縮につながる技術で、AIに基づくCT再構成技術を実用化するのは業界初という。... [2018年04月19日]
  • 医療機器の回収対応、いまだ足踏み状態 コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 医療機器の回収対応、いまだ足踏み状態 打開策をいま一度考えてみる 2017年度の医療機器の回収数は2016年度に比べほぼ同数で推移、何らの進歩も見られない。ちょうど1年前のコラム「医療機器の回収、なぜこれほど多いのか」では、この問題点について記した。ここでは、もう一度、医療機器業界を取り巻く回収問題について振り返る。 [2018年04月18日]
  • 島津製作所、肝臓がんが“光る”近赤外光カメラなどを披露 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 島津製作所、肝臓がんが“光る”近赤外光カメラなどを披露 手術中に切除部位を確認、取り残しを防ぐ 島津製作所は、「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)において、同社が手掛ける診断装置や検査機器などをズラリと展示した。 [2018年04月17日]
  • 血管撮影装置とCTが一つのモダリティのように連携 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 血管撮影装置とCTが一つのモダリティのように連携 シーメンス、イメージガイド下治療向けの新コンセプト シーメンスヘルスケアは、血管撮影(アンギオ)装置とX線CT装置、MRIなど複数の画像診断装置を連携させる新コンセプト「nexaris Therapy Suites」を「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)で発表した。イメージガイド下治療(Image-Guided Therapy)のワークフロー改善を支援する。異なるモダリティ間で互いの位置を把握できるよう... [2018年04月17日]
  • 「長年のテーマ、低被曝と高画質を両立」、日立の64列CT 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 「長年のテーマ、低被曝と高画質を両立」、日立の64列CT 新たに開発した画像再構成技術を搭載 日立製作所は、64列マルチスライスCTシステムの新製品「SCENARIA View」(シナリア ビュー)を「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)で発表、披露した。胸部レントゲン撮影と同程度の被曝線量と画質向上の両立を目指した製品である。同年7月に提供を始める。価格(税別)は15億円から。 [2018年04月16日]
  • 一度の撮影で軟部組織画像と骨強調画像を同時取得 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 一度の撮影で軟部組織画像と骨強調画像を同時取得 富士フイルムのデジタルX線画像診断装置 富士フイルムは、一度のX線照射で、軟部組織画像と骨強調画像を同時に取得することができる。デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Dual(CALNEO Dual)」を「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)で披露した。同年6月に販売を開始する。 [2018年04月16日]
  • 画像検査の効率的運用を支援、コニカミノルタ 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) 画像検査の効率的運用を支援、コニカミノルタ 画像診断装置の管理支援サービス「AeroRemote」を参考出展 コニカミノルタは、画像診断装置の管理支援サービス「AeroRemote」を「2018国際医用画像総合展(ITEM2018)」(2018年4月13~15日、パシフィコ横浜)に参考出展した。診断装置のコンソールに蓄積されたデータを分析することで、病院で行われている画像検査の稼働状況を可視化することができるサービスである。 [2018年04月16日]
  • いよいよ開幕、「キヤノンメディカル」は初出展 展示会・学会速報 2018国際医用画像総合展(ITEM 2018) いよいよ開幕、「キヤノンメディカル」は初出展 画像診断とAIの融合が進む 医用画像診断装置に関する国内最大規模の展示会「2018 国際医用画像総合展(ITEM 2018)」が2018年4月13日、パシフィコ横浜(横浜市)で開幕した。今回が30回目の開催となる。国内外の医療機器メーカーなど167社が出展し、画像診断装置を中心とした最新の製品や技術を紹介する。会期は同月15日までの3日間。 [2018年04月13日]
  • 富士フイルムがエルピクセルと提携、診断支援にAIを ニュース 富士フイルムがエルピクセルと提携、診断支援にAIを 富士フイルムは、デジタルヘルスベンチャーのエルピクセルと提携した。両社は、医療画像の診断支援に用いられる人工知能(AI)技術に関するパートナーシップについて合意。エルピクセルが開発する診断支援AI技術を、富士フイルムの医用画像情報システム(PACS)に搭載することを目指す。 [2018年04月13日]
  • 富士通が心臓の挙動学習ソフト、心臓シミュレーターを活用 ニュース 富士通が心臓の挙動学習ソフト、心臓シミュレーターを活用 富士通は2018年4月11日、心臓の挙動を学習できるソフトウエア「FUJITSU ヘルスケアソリューション Heart Explorer(ハートエクスプローラー)」の販売を開始した。心臓の挙動を精緻に再現する心臓シミュレーターを活用して得られた心臓データを、3Dモデルで観察・分析できる。 [2018年04月12日]
  • キヤノンメディカルとNVIDIAが業務提携 ニュース キヤノンメディカルとNVIDIAが業務提携 医療機関でのAI活用の研究・普及を加速 キヤノンメディカルシステムズは2018年4月11日、米NVIDIA社の日本法人と医療研究機関向けディープラーニング研究インフラの開発・販売に関する業務提携に合意したと発表した。医療・研究機関でディープラーニングを活用した研究への取り組みを加速させ、医療現場におけるAI(人工知能)の普及を目指す。 [2018年04月11日]
  • 日立、MRによる手術室の構築イメージ体験コンテンツ ニュース 日立、MRによる手術室の構築イメージ体験コンテンツ 日立製作所は、MR(Mixed Reality:複合現実)を利用して手術室の構築イメージを体験できるコンテンツを開発した。米Microsoft社の「HoloLens」を活用する。 [2018年04月11日]
  • 国がんと東京医科大、包括的な連携協定を締結 特集・解説 デジタルヘルス事例 国がんと東京医科大、包括的な連携協定を締結 教育・研究・臨床領域の広範囲で連携を促進 国立がん研究センターと東京医科大学は2018年4月10日、研究や教育、臨床などの領域に関して包括的な連携協定を結んだ。双方の特色を生かし、両機関の病院間の診療連携、大学院における教育機会の提供、がんに関する共同研究などを推進していく。 [2018年04月11日]
  • 東北大、ディープラーニングで乳がんエコーの腫瘤識別 ニュース 東北大、ディープラーニングで乳がんエコーの腫瘤識別 SASとの産学連携で研究を開始 東北大学大学院 医学系研究科は、ディープラーニングを用いて乳房エコー検査(乳腺超音波検査)画像内の腫瘤を識別することを目的とした研究を開始した。ディープラーニングによる自動診断が実用化すれば、画像診断の際の医師の負担軽減、偽陽性による無用な侵襲的検査や患者の心理的負担の回避などが可能になるとする。 [2018年04月09日]
  • 「医用画像診断にAIを本格展開」、シーメンス 特集・解説 デジタルヘルス事例 「医用画像診断にAIを本格展開」、シーメンス 事業戦略の柱に位置付け、プレシジョン・メディシンにも活用 シーメンスヘルスケアは2018年4月5日、報道機関向け説明会を東京都内で開催し、事業戦略や「2018国際医用画像総合展(ITEM 2018)」(2018年4月13~15日)への出展について説明した。登壇した同社代表取締役社長兼CEOの森秀顕氏は、撮影条件の最適化や読影支援など、医用画像診断の幅広い領域に人工知能(AI)を活用する方針を明らかにした。 [2018年04月09日]
  • 日立、重粒子線がん治療システムで海外初受注 ニュース 日立、重粒子線がん治療システムで海外初受注 台湾の台北栄民総医院に 日立製作所は2018年4月4日、重粒子線がん治療システム一式を台湾の台北栄民総医院(Taipei Veterans General Hospital)から受注したと発表した。同医院の新棟に設置される予定で、水平・垂直方向から照射可能な治療室を2室備える。海外からの受注は初めてという。 [2018年04月05日]
  • 「74%の医療機関でオンライン診療が算定可能に」 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る 「74%の医療機関でオンライン診療が算定可能に」 インテグリティ・ヘルスケア、オンライン診療の保険収載を受け説明会 「オンライン診療が新しい医療の形として、保険診療の一部になったことは非常に大きい。歴史に残る改定といえる」――。 [2018年04月04日]
  • テルモ、近赤外線を用いた静脈可視装置を発売 ニュース テルモ、近赤外線を用いた静脈可視装置を発売 テルモは、2018年4月1日、静脈可視装置「ベインビュア」(一般的名称:可搬型手術用顕微鏡)の販売を全国の医療機関に開始した。静脈可視装置は、近赤外線を用いて静脈の太さや血管走行を可視化する装置。注射や採血で静脈に穿刺する際に用いられ、血管が細い人や小児の穿刺前の血管確認、あるいは穿刺後に薬剤が血管に流れている様子の目視にも使用される。 [2018年04月03日]
  • オンライン診療料の算定要件、厚労省が疑義解釈示す 特集・解説 点数化されたオンライン診療、可能性と課題を探る オンライン診療料の算定要件、厚労省が疑義解釈示す 緊急時の対面診察「30分以内」は厳密でなくても可 厚生労働省保険局医療課は2018年3月30日、2018年度診療報酬改定に関する疑義解釈を示す事務連絡を出した。新設のオンライン診療料については、緊急時に対面診察までに要する時間について、「概ね30分以内」とした施設基準があくまでも目安である旨の解釈を示した。 [2018年04月03日]
  • 遠隔服薬指導 用語辞典 デジタルヘルス用語 遠隔服薬指導 薬剤師が、薬の服用に関する患者への情報提供と指導を、テレビ電話などオンラインの手段を使って行うこと。薬剤師法および医薬品医療機器等法では現状、服薬指導は対面で行うことが義務づけられており、遠隔服薬指導は国家戦略特区でのみ実施が許されている。2018年度診療報酬改定でオンライン診療に対する評価が新設されたことを受けて、遠隔服薬指導の規制緩和を求める声が高まっている。薬の交付と服薬指導を含め、一気通貫... [2018年04月02日]

お薦めトピック

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング