• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

特集

  • 「メガソーラーには消耗部品もある、予防保全が重要」、ウエストO&M大山社長 メガソーラービジネス 「メガソーラーには消耗部品もある、予防保全が重要」、ウエストO&M大山社長 メガソーラービジネス インタビュー ウエストホールディングスは、傘下のグループ会社を通じて、住宅向けと事業用太陽光を対象に、設計・施工からO&M(運営・保守)、発電事業など、太陽光発電システムの総合企業として、業容を拡大してきた。 [2018年02月21日]
  • 太陽光がEV普及を後押し、加州でシェア争いし烈に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 太陽光がEV普及を後押し、加州でシェア争いし烈に 深刻化する電力需要の「ダックカーブ」緩和に期待 カリフォルニア州サンディエゴ市で2月11日、太陽光発電関連の展示会「ソーラーエクスペリエンス」が開催された。 [2018年02月15日]
  • 影による発電量の低下を最小化、パネル単位の制御・監視システムの効果 メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 影による発電量の低下を最小化、パネル単位の制御・監視システムの効果 米Tigo Energyのマキシマイザー付きパネルを採用  大阪府河南町の山あいに、連系出力50kW未満となる事業用の低圧太陽光発電所が2カ所、並んでいる。周囲には、連系出力2MW未満となる高圧連系のメガソーラーも4カ所ある。 [2018年02月14日]
  • カーポート型太陽光で「第三者保有モデル」、地銀系が資金提供 メガソーラー事業のためのファイナンス講座 カーポート型太陽光で「第三者保有モデル」、地銀系が資金提供 ファブスコ、阿蘇市の避難所施設で稼働、月200台設置を目標 ファブスコは、避難所を運営する自治体など向けにカーポート型の太陽光発電システムを設置する事業を展開する。電気利用者にとって初期負担のない「第三者保有モデル」を採用し、2017年11月にスタートさせた。 [2018年02月09日]
  • 「再エネ後進州」アラバマに72MWのメガソーラー稼働のワケ 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「再エネ後進州」アラバマに72MWのメガソーラー稼働のワケ ウォルマート社の「再エネ100%」向けに建設、トヨタも続くか? 米国南部に位置するアラバマ州は、先月トヨタ自動車とマツダが合併新工場の建設を発表したことで、ようやく日本でも知られるようになったが、太陽光発電に関して全米でも遅れた「再エネ・後進州」と見られている。 [2018年02月08日]
  • 「SBT(科学的目標)」達成に向け、「再エネ」が切り札に 「パリ協定」と再エネ・ビジネス 「SBT(科学的目標)」達成に向け、「再エネ」が切り札に <第3回>気候変動に対応する経営戦略への筋道 気候変動問題に対応する国際的な枠組みである「パリ協定」が企業経営に与える影響と、そのなかでの再生可能エネルギーの重要性を連載してきた。第1回目では、気候変動問題とビジネスへの影響について概説し、第2回目では、この問題に関するビジネス上のキーワードについて解説した。最後となる今回は、これまでの内容を踏まえ、企業に求められる対応への筋道、具体的には、戦略策定とそれを踏まえた目標設定と情報公開、そのなか... [2018年02月07日]
  • 中東最大級の新エネ展、日本企業がロボットやパワコンで存在感 再エネで世界に飛躍する日本企業 中東最大級の新エネ展、日本企業がロボットやパワコンで存在感 世界から850社が出展、成長市場での技術力をアピール アラブ首長国連邦(UAE)・アブダビのアブダビ国際展示場で1月13日~20日、環境技術を活用して持続可能な社会を目指すイベント「アブダビ・サステナビリティ・ウィーク(ADSW)2018」が開催された。 [2018年02月05日]
  • 「ドローン点検」でメガソーラーの不具合をその場で次々と発見! PVロボット最前線 「ドローン点検」でメガソーラーの不具合をその場で次々と発見! 不良パネルの特定からメーカーとの交渉代行まで一貫サービス 1月中旬、甲信地方にある出力約3MWのメガソーラーで、ドローン(無人小型飛行体)を使った太陽光パネルの点検が実施された。調査を担当したのは、エネテク(愛知県小牧市)である。 [2018年02月01日]
  • <第3回>「非化石価値」で再エネの自家消費が主流へ 「再エネビジネス」最前線 <第3回>「非化石価値」で再エネの自家消費が主流へ FIT・20円/kWh未満でも太陽光はさらに普及へ 年のはじめということもあり、2018年以降の大きなトレンドと、注目すべきポイントについて記載する。 [2018年01月31日]
  • 米「太陽電池・関税」決定の波紋、どうなる太陽光設置産業? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米「太陽電池・関税」決定の波紋、どうなる太陽光設置産業? 1年目は30%、4年目に15%、関税免除の申請は可能か? トランプ政権は1月22日、結晶シリコン型太陽電池 (CSPV)の輸入製品に対して30%の関税を課すことを決定した。 まず、1年目にCSPVのセル(発電素子)とパネル(モジュール)の輸入価格に30%が 課され、4年間に渡り、関税率は年々5%ずつ下げる(表参照)。 [2018年01月26日]
  • 太陽光パネルから落ちた雪で車が損傷! 損害賠償はどうなる? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 太陽光パネルから落ちた雪で車が損傷! 損害賠償はどうなる? <第35回>落雪により近隣トラブルが発生した場合の法的責任 太陽光発電協会(JPEA)も、「太陽電池パネルからの落雪事故防止について」との注意喚起の告知をしているとおり、今冬は大雪の気象情報が多くなっています。大雪が降ると、設計・施工を担当し、すでに稼働している太陽光パネルから落雪し、隣地所有者の物件(もしくは施主自身の財物)を雪によって破損するケースも出てきます。 [2018年01月25日]
  • 「福島プライド」で世界を目指すアンフィニ パネルメーカーの“品質戦略” 「福島プライド」で世界を目指すアンフィニ トラブルを乗り越え、楢葉町の新工場が本格稼働に 「トラブルを乗り越え、新工場が安定稼働にこぎ着けたのは、福島県で採用した社員たちの団結力の賜物」――。アンフィニ(大阪市浪速区)の小寺直人常務は、福島工場の社員たちの「頑張り」に目を見張る。小寺常務は、これを「福島プライド」と表現する。 [2018年01月24日]
  • 太陽光関連企業の資金調達、インド勢が大型案件で上位独占 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 太陽光関連企業の資金調達、インド勢が大型案件で上位独占 2017年世界全体で前年比41%増の128億ドル 2017年に太陽光関連企業が調達した資金は、世界市場で2016年比41%増の128億米ドルとなった。 [2018年01月18日]
  • 太陽光発電所も「ルンバ」のような除草でサッパリ!自律ロボットを活用 PVロボット最前線 太陽光発電所も「ルンバ」のような除草でサッパリ!自律ロボットを活用 芝刈り用機種を応用し、無人でこまめな草刈りを実現  太陽光発電所の雑草を刈る手法として、多くの発電事業者が理想的なイメージとして挙げるのは、米iRobot社の室内用ロボット掃除機「ルンバ」の草刈機版である。 [2018年01月17日]
  • 「事業用低圧太陽光、利回り上昇で活況を維持」、グッドフェローズ 井上マネージャーに聞く メガソーラービジネス 「事業用低圧太陽光、利回り上昇で活況を維持」、グッドフェローズ 井上マネージャーに聞く メガソーラービジネス インタビュー グッドフェローズ(東京都品川区)は、土地付き太陽光の物件検索サイト「タイナビ発電所」を展開し、これまでに事業用低圧案件(連系出力10kW以上50kW未満)を主体に累計で約4000物件(約1万6400区画)を掲載している。販売企業315社に対し、投資家の会員は約1万3000人で、そのうち約6000人が実際に物件に投資し、保有している。その合計出力は約2GWに達し、土地付き太陽光物件のマッチングサイト... [2018年01月10日]
  • 迫られる「再エネ調達」、持続的な企業経営の新たな指標に 「パリ協定」と再エネ・ビジネス 迫られる「再エネ調達」、持続的な企業経営の新たな指標に <第2回>気候変動問題への対応に必須となる7つのキーワード 前回は、気候変動問題における国連「パリ協定」の意味と、ビジネスへの影響、再生可能エネルギーへの期待の高まりなどについて概説した。今回は、企業が気候変動問題に対応していく上で、今後、重要となるキーワードについて解説する。 [2018年01月05日]
  • 普及目前!再エネ蓄電池、米欧亜企業がしのぎ 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 普及目前!再エネ蓄電池、米欧亜企業がしのぎ 系統安定化、低価格化、高付加価値サービスが後押し リチウムイオン蓄電池やP2G(パワー・ツー・ガス)などのストレージ設備を設置する動きが世界各国で活発化してきた。日経BP総研クリーンテック研究所がこのほど発行した調査レポート『世界再エネ・ストレージビジネス総覧』 によると、(1)再生可能エネルギーの増加に伴う系統安定化や... [2018年01月04日]
  • 「単結晶」が「多結晶」を抜く、2017年の太陽光パネル市場 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「単結晶」が「多結晶」を抜く、2017年の太陽光パネル市場 PERC技術で変換効率アップ、価格が低下 2017年に「単結晶シリコン型」の太陽光パネル出荷量が初めて「多結晶シリコン」を抜いたーー。米太陽光発電市場のリサーチ・コンサルティング会社・SPV マーケットリサーチが2017年12月に発行した太陽光発電市場レポートから、明らかになった。 [2018年01月03日]
  • 台風で太陽光パネルが飛散した場合、施工者の責任が問われますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 台風で太陽光パネルが飛散した場合、施工者の責任が問われますか? <第34回>強風で太陽光発電システムが損傷した場合の設置における瑕疵の有無 台風など強い風による太陽光発電システムの損傷として、基礎や架台ごと吹き飛ばされたり、太陽光パネルのカバーガラスが割れたりするといった例が、各地で起きました。 [2017年12月28日]
  • 九州の中小企業が太陽光のO&Mで“団結”、地域の担い手に メガソーラーの番人、先進的O&Mの現場 九州の中小企業が太陽光のO&Mで“団結”、地域の担い手に メンテナンス手法や作業の標準化も目指す 太陽光発電所が固定価格買取制度(FIT)によって大量に導入され、買取期間が終わった後、地域に根付く安い電源として、電力の供給を続け、主力電源の一つとなるには、保守やメンテナンスの担い手が地域に必要になる。日本の太陽光発電産業で、重要性が指摘されていながらなかなか追いついていない部分ともいえる。九州の中小企業が団結し、こうした役割を担おうとの動きが出てきた。 [2017年12月27日]
  • トランプ大統領に「最後の要請」、米SEIAが太陽電池・関税問題で 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 トランプ大統領に「最後の要請」、米SEIAが太陽電池・関税問題で 太陽光発電産業の「アメリカ・ファースト」計画を発表 米国太陽エネルギー産業協会 (SEIA) は2017年12月4日、 「太陽光発電のためのアメリカ・ファースト計画」をトランプ大統領に提出した。2万6000人以上の雇用を創出している米国太陽光発電産業を守るため、大統領に輸入太陽電池セル(発電素子)、太陽光パネル(モジュール)に対して貿易措置を取らないように要請した。 [2017年12月25日]
  • <第2回>国連のCOP23で「石炭から再エネ」が加速 「再エネビジネス」最前線 <第2回>国連のCOP23で「石炭から再エネ」が加速 地球温暖化フレームワークの中での再エネの意義 再生可能エネルギーは、地球温暖化防止のために重要な技術であり、その意義が認められて世界的に普及している。日本にいるとFIT(固定価格買取制度)の影に入り忘れてしまいがちだが、再エネは世界の温暖化防止というフレームワークのなかで、捉えていかなくてはならない。今回は、地球温暖化防止の潮流というマクロ目線から再エネを考える。 [2017年12月22日]
  • 米国の州で始まった太陽光・新買取制度の「革新性」 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米国の州で始まった太陽光・新買取制度の「革新性」 大規模案件の入札結果に連動、農地などに「特別加算」も 米国マサチューセッツ州は2017年11月、太陽光発電システムの新しい買取制度をスタートさせた。メガソーラー(大規模太陽光発電所)の入札での落札価格をもとに、小・中規模の太陽光発電の買取価格が設定される「ハイブリッド」型にしたのが特徴だ。 [2017年12月20日]
  • 「ラジコン型草刈機」でメガソーラーを除草、イタリア製の機種を採用 PVロボット最前線 「ラジコン型草刈機」でメガソーラーを除草、イタリア製の機種を採用 高速道路の法面など広範囲を効率的に除草、60度の斜面に対応 メガソーラーの除草作業を効率化する手法の一つとして、イタリア企業の製品化した「ラジコン型の草刈機」が提案されている。除草作業では、面積が広いほど、効率化が課題となる。機械による除草では、従来から広く使われる刈払機のほか、ゴーカートのように運転して走りながら除草できる回転刃を備えた「乗用型草刈機」が広まっている。 [2017年12月14日]
  • 「大規模太陽光・風力+ストレージ」が世界で続々 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 「大規模太陽光・風力+ストレージ」が世界で続々 短周期・長周期変動対策、マイクログリッドの3タイプで  メガソーラー(大規模太陽光発電所)や風力発電所などの再生可能エネルギーに併設するタイプのストレージの導入が海外で活発化してきた。日経BP総研クリーンテック研究所がこのほど発行した調査レポート『世界再エネ・ストレージビジネス総覧』(http://cleantech.nikkeibp.co.jp/report/der201711/)によると、その導入シーンは、(1)再エネの短周期変動対策、(2)需給... [2017年12月13日]
  • 記事ランキング