2018年4月に「地域創生研究会」第4弾を開催します。今回のテーマは、「三条市の鍛冶産業を考える」です。三条市の鍛冶産業は江戸時代の始めに農家の副業として始まりました。和釘から始まり鎌、鋸、鉋さらには包丁など様々な製品へと展開する中で、鍛造、熱処理、研磨をはじめとした金属加工技術が発展し、国内でも有数なものづくり集積を形成するに至りました。職人技の切れ味のよい包丁は海外から高い評価をうけ輸出量が増えているものの、一方で鎌や鋸や鉋などの利器工匠具は生活様式の変化や中国や東南アジアの大量生産の安価な製品にシェアを奪われるなど、職人による伝統的な鍛冶技術の継承が難しくなり鍛冶製品や加工技術は衰退しつつあります。
今回の地域創生研究会では、三条市における産業の課題を理解し、その解決策を議論することで日本のものづくりの未来を考えたいと思います。4月に東京、5月に三条市で開催し、現地を見ることでより状況を把握して、議論を深めたいと思います。

参考:三条市のものづくり活性化の取り組み

地域創生に関わりたい。現地へ行って自治体と直接議論したい。そのような方の参加をお待ちしております。

地域創生研究会の趣旨

民間企業と自治体を結ぶマッチングのニーズに応えるために、日経BP総研 クリーンテック研究所(当時)は、2015年4月から「地域創生研究会」を開始しました。第1弾は富山県富山市、熊本県荒尾市、山梨県南アルプス市の3つの自治体を訪問し、自治体と議論しました。続いて、2016年1月に第2弾を開催し、島根県益田市、愛媛県西条市、宮崎県日南市の3自治体を訪問しました。2016年7月の第3弾は、北海道室蘭市、青森県弘前市、山形県米沢市です。

実際に自治体を訪問してみると、課題は同じでも地域によって状況が異なることが分かります。従って、それぞれの自治体に合った解決策を導かなければなりません。自治体に足を運び、首都圏からの距離感や中心スポットごとの距離、周辺の環境、町の雰囲気を直に感じることが非常に重要です。その感覚を持って、自治体の担当者と一緒に課題解決に向けて議論します。地域創生研究会とは、「地域の課題を解決する」イノベーションのアイデアを出し合い、それを実行に移すための手段を検討する会です。

研究会の目的

研究会の目的は、地方の魅力をみつけるとともに、人が集まり、活気がある地域にするためにはどのようなことをすればいいのか、その解決策を検討することです。そのために現地に赴き、実際に目で確かめて、担当する自治体の職員と議論します。参加メンバーで議論して、外から見て気づいたこと、感じた魅力、そしてそれらを有効に活用する方法を導き出します。議論の最後には自治体にアイデアを提案し、自治体の方の意見をうかがいます。

自治体のほか、参加企業同士のネットワークを構築し、人脈を広げていただくことも研究会参加の大きなメリットです。

概要

日 時: 2018年4月27日(金)13:00~19:00(開場 12:30)
2018年5月23日(水)10:00~19:00
会 場: ・4月27日:システムインテグレーション社(東京・半蔵門)
 〒102-0082 東京都千代田区一番町23-3 千代田一番町ビル3階
 東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4、5番出口より徒歩1分
・5月23日:三条市
主 催: 日経BP総研 クリーンテックラボ
共 催: 三条市
定 員: 20名
成果物: 各回の資料、議事録、最終報告書(報告書は9月にお届けします)

受講料(税込み)

  • 1社1名:15万円
  • 同一企業のお二人目参加費:10万円
※これまでに「地方創生研究会」にご参加履歴のある企業は、1社1名10万円(税込み)でご参加いただけます。過去参加履歴企業の参加については、お問い合わせフォームよりご連絡ください。個別に対応いたします。
同一企業からお二人目の参加は、お申し込みフォームにお一人目の受講番号を入力すると二人目料金が適用されます。

プログラム詳細

■4月27日(金)

 13:00~13:10事務局よりご案内
 13:10~14:10三条市より講演
 14:10~14:30ディスカッション
 14:30~15:30地域創生の取り組みについて、有識者講演
 15:30~16:45ディスカッション
 16:45~17:00全体での情報共有
 17:00~19:00懇親会(会場:ダイヤモンドホテル1階 レストランプルメリア)

■5月23日(水)

 <現地集合> 10:00に燕三条駅にお集まりください
 10:00~12:00視察(移動手段は、事務局にて手配いたします)
 12:00~13:00昼食(事務局手配)
 13:00~14:00三条市の鍛冶産業の現状についてプレゼンテーション
 14:00~14:30質疑応答
 14:30~16:30ディスカッション
 16:30~17:00発表とまとめ
 17:00~19:00懇親会(燕三条駅近くを予定)
 <現地解散>

お申し込み注意事項

■受講料のお支払い
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
受講証は、開催2週間程度前に発送いたします。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:5社
参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

お問い合わせは「セミナー/講座のお問い合わせフォーム」からお願いいたします。