お申し込みはこちら

書籍『図解カーエレクトロニクス【増補版】上下巻セット』との同時申し込みはこちら

この講座は2日連続して受講することで効果的なプログラムとなっていますが、個別でも受講できます。
個別のお申し込みは、各講座紹介にある「本講座の詳細と講師情報はこちら」から遷移してお申し込みください。

自動車はエレクトロニクスで動いている──。そう言っても過言ではないほど、クルマの機能は今、カーエレクトロニクスに大きく支えられています。

事実、電子制御はより複雑になり、複数のシステムが連携して性能の向上を図るようになっています。この傾向は今後も加速する一方です。従って、自動車分野ではカーエレクトロニクス技術を俯瞰して理解することが大切になってきます。全体を見ながら、個々の技術を深掘りすることが自動車分野の技術開発に求められているのです。また、最近では自動運転を視野に入れながら電動化、情報化、自動化が話題になっています。

自動運転とEV化が大きな話題となっています。ビジネスモデルを考えると100年に1度の大きな変化点だという人もいます。確かに自動運転は、社会インフラとして車の位置づけを変えるほどの可能性を持っています。EV化は、20世紀に進化したエンジン、およびその周辺機器に根底から見直しを迫るものとなります。しかし、走る、曲がる、止まる、目的地へ行くという基本要素のうち一部の変更にすぎません。AIの時代となり、これらの機能を司ってきたカーエレクトロニクスがなくなるわけではありません。むしろ、判断機能としてのAIは進化しながら、手足となる現在のカーエレクトロニクス機器は一層進化していくことでしょう。多岐にわたるカーエレクトロニクスを、この分野のエキスパート講師陣によりその体験談も含めて聴講することは、またとない機会となることでしょう。

本講座は、最新のカーエレクトロニクスについて、その技術的な特徴と勘所を2日間で押さえることができる講座です(1日ずつでも受講できます)。本講座で取り上げるのは、カーエレクトロニクス技術の中でも特に重要な次の6つの技術。(1)電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HEV)、燃料電池車(FCV)など電動車両の動向、(2)ワイドバンドギャップ素子(SiC、GaN、酸化ガリウム)の開発動向、(3)パワー半導体の実装技術、(4)予防安全・自動運転動向と技術、(5)ナビから自動運転への地図の発展、(6)車載電子システムのカーエレ技術──です。

講師は、ベストセラー書籍である『図解カーエレクトロニクス』(日経BP社)の著者を中心に、新たな講師も登壇。高度かつ複雑になっているカーエレクトロニクス技術を分かりやすく解説いたします。

自動車メーカーや自動車部品メーカーでカーエレクトロニクス技術に携わる方はもちろん、電機メーカーや産業用機器メーカー、一般機械メーカーなどにお勤めの方で、今、最も旬なカーエレクトロニクス技術を短期間で学びたいという方にお薦めの講座です。当該分野の動向を把握することができるため、技術者以外の方でも受講いただける内容です。

受講効果

  • カーエレクトロニクスの中でも、特に重要な最新技術に関して短期間で学べます。
  • 俯瞰的に学ぶことで、最新のカーエレクトロニクス技術の全体像をつかめます。
  • 実務経験豊富な講師ができる限り分かりやすく技術を解説します。

概要

日時: 2018年5月10日(木)11日(金)10:00~17:00(開場9:30予定)
会場: 秋葉原UDXギャラリーネクスト (東京・秋葉原)
主催: 日経Automotive

受講料(税込み)

  • 一般価格:90,000円
  • 読者・会員価格:80,000円

『図解カーエレクトロニクス【増補版】
上下巻セット』

本セミナーの実践的参考書として最適な書籍『図解カーエレクトロニクス【増補版】 上下巻セット』と、あわせてお申し込みいただけます。(書籍は、当日受付にてお渡しします。)

  • セミナー一般価格+書籍:97,000円
  • セミナー読者価格+書籍:87,000円
■読者・会員価格
「読者・会員価格」は、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive各誌の定期購読者の方(日経 xTECHとのセットを含む)あるいは、旧・日経テクノロジーオンライン年払い有料会員(675から始まる読者番号)が対象です。なお、対象が変更となる場合があります。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

1日目 ― 2018年5月10日(木)

10:00 - 17:00

クルマの「電動化」の本質・最新動向を1日で押さえる
EV・HEV、SiC、GaN、酸化ガリウム、パワー半導体実装技術

「カーエレクトロニクスの最新動向を2日で押さえる」講座の1日目。電動化技術、具体的にはEV・HEV、SiC、GaN、酸化ガリウム、パワー半導体実装技術について、デンソーの技術者もしくは同社出身者の技術者が本質と最新動向を教えます。

本講座の詳細と本講座単独のお申し込みはこちら

2日目 ― 2018年5月11日(金)

10:00 - 17:00

クルマの「自動化・情報化」の本質・最新動向を1日で押さえる
予防安全・自動運転動向と技術、情報化、車載電子システム

「カーエレクトロニクスの最新動向を2日で押さえる」講座の2日目。自動化・情報化技術、具体的には予防安全・自動運転動向と技術、情報化、車載電子システムについて、デンソーの技術者もしくは同社出身者の技術者が本質と最新動向を教えます。

本講座の詳細と本講座単独のお申し込みはこちら

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
レジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。