経営コンサルタントとしてさまざまな製造業の企業を支援している中で、最初に確認する内容の1つが業務フローです。その業務フローの中に「DR」という記載はあっても、「検図」というイベントが記載されているのをほとんど見たことがありません。それはなぜでしょうか? 検図というイベントの優先順位が低く、設計の業務の一部というぐらいの認識されていないことが理由です。これが多くの日本企業の現状です。

本来であれば、検図はDRと並ぶほど重要なイベントでなければなりません。検図を重視している企業では、検図するための期間をきちんと確保できており、当然、業務フローの中に入れています。これができていない企業が多いのですが、それだけではなく、検図を重視している企業でも検図のあり方に問題を抱えているところが目に付きます。

こうした問題を解決するために、本講座では、今の時代の設計開発プロセスに合った検図のプロセスを見いだし、設計部門全体で検図による品質向上を図る方法を学びます。現在はハードウエア設計だけではなく、ソフトウエア設計も重要な役割を担っています。こうしたハードとソフトの設計プロセスを明確にしている企業は非常に少ないというのが現状です。ソフトウエア設計の要求を明確にし、その内容をハードウエア設計に反映させる。さらにはその内容を検図で確認する必要があります。本講座では、ハードウエア設計とソフトウエア設計の連携にも切り込んだ新検図プロセスを構築する方法も伝授します。

受講効果

  • 現状の設計プロセスと本来あるべき設計プロセスの違いを理解できます。
  • 新しい検図のプロセスを理解することができます。
  • 設計段階(構想設計、詳細設計、量産設計)での検図チェックポイントを習得できます。
  • ハードウエア設計とソフトウエア設計の連携方法とそのチェックポイントを理解できます。

講師紹介

中山 聡史 氏 (なかやま さとし)

A&Mコンサルト
経営コンサルタント

中山 聡史 氏

2003年関西大学機械システム工学科卒。2003年トヨタ自動車にてエンジン設計、開発、品質管理、環境対応業務などに従事。全てのエンジンシステムに関わり、海外でのエンジン走行テストなどにも同行経験あり。2011年A&Mコンサルトにて製造業を中心に設計改善、トヨタ流問題解決の考え方を展開。「モノ造りのQCDの80%は設計で決まる!」という理念の下、自動車メーカーで培った設計から開発、製造、品質保証までの幅広い経験を活かし、多くのものづくり企業で、設計業務改革や品質・製造改善、生産管理システムの構築などを支援している。

概要

日時: 2018年4月17日(火)10:00~17:00(開場09:30予定)
会場: Learning Square新橋 4F(東京・新橋)
主催: 日経ものづくり

受講料(税込み)

  • 一般価格:54,000円
  • 読者・会員価格:48,600円
■読者・会員価格
「読者・会員価格」は、日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive各誌の定期購読者の方(日経 xTECHとのセットを含む)あるいは、旧・日経テクノロジーオンライン年払い有料会員(675から始まる読者番号)が対象です。今後、対象が変更となる場合があります。
  • ※受講料には、昼食は含まれておりません。
  • ※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

プログラム詳細

10:00 - 17:00

1.現状の検図

1)A社での検図の間違った内容の紹介
2)現状の製造業全体の検図内容の紹介
3)演習~検図をしてみよう~

2.あるべきハードウエア検図プロセスとは

1)設計の役割と責任
2)フロントローディングプロセス
 (1)あるべき開発プロセス
 (2)自動車メーカーの開発プロセス
3)フロントローディングプロセスのためのツール
4)検図の目的
5)検図の位置付け
6)あるべきハードウエア設計検図プロセス

3.ソフトウエア設計と連携した検図プロセスとは

1)ソフトウエア設計の課題
 (1)間違ったソフトウエア設計プロセス
 (2)ソフトウエア設計が占める不具合の割合
2)ソフトウエア設計のあるべき姿
 (1)ソフトウエア設計とは
 (2)ハードウエア設計とソフトウエア設計連携プロセス
  ・構想段階
  ・構想試作&評価段階
  ・詳細設計段階
  ・試作&評価段階
 (3)ハードウエア設計の検図に用いるべきソフトウエア設計の成果物

4.【演習】~検図をしてみよう~

  • ※途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
■受講料のお支払い
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書を郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方は、受講証はMyPageから印刷してご持参ください。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。
■最少開催人員
15名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。