MIRAI ZEH-NEO外観イメージ
(出所:アキュラホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 アキュラホーム(東京都新宿区)は、ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)仕様とホームIoTサービスを組み合わせた注文住宅を製品化した。

 名称は、「MIRAI ZEH-NEO(ミライ ゼッチ-ネオ)」。出力7.25kWの太陽光発電システムやオール電化設備、省令準耐火構造を標準で備えたZEH仕様の住宅となる。太陽光パネルはハンファQセルズ製を採用した。また、構造計算の義務付けがない住宅でも全棟構造計算を実施することで、耐震面でも安全な住宅を提供する。

 加えてKDDIが2018年1月から提供するホームIoTサービス「with HOME」を採用した。スマートスピーカーによる家電操作、マルチセンサーによる室内の温度・湿度管理、ネットワークカメラによるペットの見守りのほか、マルチリモコンにより外出先から照明や家電をコントロールできるという。また、窓やドアが空いたことをスマートフォンに通知し、帰宅確認や外出先での来客対応も可能という。

 2018年1月2日~3月31日に開催する全国一斉フェア「豊かな暮らしトータルデザインフェア」で限定販売する。本体価格は1840万円から(税込み)。