太田市富若町太陽光発電所
(出所:グンエイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 設備設計施工のグンエイ(群馬県太田市)が群馬県太田市若富町で建設を進めていた合計出力約5.4MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「太田市富若町太陽光発電所」が完工し、12月から全面的に稼働した。年間の発電量は715万kWhを見込む。

 約6haの敷地を4回の工期に分けて、太陽光パネルを合計2万720枚設置した。4エリア合計の設置容量は5.3872MW、連系出力は4.25MW。太陽光パネルはレネソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。2016年7月から順次運転開始している。

 EPC(設計・調達・施工)とO&M(保守・運営)サービスはグンエイが担当する。同社は、群馬県みどり市や栃木県矢板市でもメガソーラーを所有している。これらの施工実績を基に顧客にメガソーラーを提案し、メンテナンスや24時間遠隔監視、売電電力量のデータ収集・解析サービスも展開している。