移動可能型ソーラー充電スタンド「LN-CB1AA」
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]
背面はポスター掲示板として活用できる
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは、同社の高効率太陽光パネル「BLACKSOLAR」を活用して、スマートフォンや携帯電話を充電できる移動可能型ソーラー充電スタンドを12月6日に発売した。

 災害時の充電ニーズに対応するほか、観光スポットやイベント会場、商業施設などに気軽に設置できる。希望小売価格は98万円(税別)。受注生産で販売目標は年間1000台。

 公称最大出力150W以上の「BLACKSOLAR」パネル1枚と12V-38Ahの蓄電池3基を備え、日照量の少ない日や夜間でも利用できる。蓄電池が満充電の状態では、スマートフォンや携帯電話を120台分充電できる。同時に4台までの充電が可能。充電口はUSB端子でケーブルは付属しない。

 本体背面は最大A1サイズのポスター掲示板になっており、施設の案内やイベント情報、地図、メニュー表示などに活用できる。キャスター付きで自由に移動でき、季節や時間帯に応じて日の当たる場所に移動できるほか、期間限定で開催するイベントなどにも持ち込める。LED照明を内蔵し、夜間自動点灯する。