自然電力(福岡市)が100%出資する長野自然電力合同会社(長野県小布施町)は12月14日、長野県小布施町に「小布施松川小水力発電所」の建設に着工した。長野県が公募した補助対象事業「平成29年度自然エネルギー地域発電推進事業」への提案が採択されたもの。

 同町の松川から取水した用水路を活用した流れ込み式発電所で、約190kWの発電能力を持つ。年間発電量は、一般家庭約360世帯に相当する約117万kWhの見込み。発電した電力は中部電力に売電する予定。2018年春に運転開始する予定。

 水車は、小水力発電事業におけるパートナー企業であるオーストリアGUGLER Water Turbines社のフランシス型水車を採用する予定。自然電力は、自治体と連携して地域に根ざした再生可能エネルギーの普及を積極的に行うとともに、GUGLER社の小水力発電用水車とエンジニアリング技術の日本への導入促進を目指す。

 長野県が公募した「自然エネルギー地域発電推進事業」は、地域主導型の再エネ発電事業を収益納付型補助金により支援し、県内各地へ普及させることを目的とする。なお、同発電所は、自然電力グループ初の小水力発電事業の着工プロジェクトとなる。