CIS系薄膜太陽電池のセル(約0.5cm2)
(出所:ソーラーフロンティア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソーラーフロンティア(東京都港区台場)は12月20日、国立研究開発法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)との共同研究を通して、CIS系薄膜太陽電池のセル発電素子で、変換効率22.9%を達成したと発表した。

 セルの大きさは、約1cm2。22.9%の効率は、薄膜太陽電池全体の世界最高記録となるという。この結果は2017年11月に産業技術総合研究所(AIST)で確認された。

 今回の値は、独バーデン・ヴュルテンベルク州太陽エネルギー水素研究センター(ZSW)が2016年2月に達成した0.5cm2セルでの世界最高記録(22.6%)を0.3ポイント上回るものという。

 この成果は、CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理の改善などの技術により達成されたという。

 同社は今年2月、30cm角のCIS化合物型の薄膜系太陽電池サブモジュールで変換効率19.2%、7cm×5cmサイズのミニモジュールでは同19.8%を達成したと発表していた。変換効率19.2%は、出力210~220W/枚に相当する。こうした研究所の成果を宮崎県の国富工場の生産ラインに応用することで、200W/枚への高効率化の製品化にめどがたってきたとしていた。

 今回公表した22.9%をモジュール製品に換算すると260W/枚を超えることになり、シリコン結晶系の太陽電池モジュールと比較しても遜色がなくなってくる。今後、こうした高効率技術をいかに生産ラインに適用していくかが課題になる。