JFEスチールと三菱ケミカル(本社東京)は、炭素繊維強化樹脂(CFRP)を活用した自動車用ドアの軽量化に取り組み、新たなドア構造を開発した。JFEスチールのトポロジー最適化技術を用いて設計し三菱ケミカルの成形技術「CF-SMC」で製作したCFRPを、鋼製ドアパネルの内側に貼り付けたもの。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!