EVアグリゲーターのイメージ
(出所:東電HD)
[画像のクリックで拡大表示]
実証実験の概要
(出所:東電HD)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京電力ホールディングス(東電HD)と日産自動車は12月13日、電気自動車(EV)を活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証試験を開始すると発表した。

 VPP構築事業では、再生可能エネルギーを安定的かつ有効に活用するため、分散配置された顧客側のリソースを統合的に制御する。この際、EVの蓄電池は、分散リソースのひとつとして有望で、今回は、その充放電制御の確立に向け、基礎データを収集・検証する。

 実証試験では、東電HDが仮想EVアグリゲーターとしてユーザーに系統電力需要の小さい時間帯を情報提供し、指定された時間帯に充電したユーザー対して充電電力量に応じてインセンティブが支払われる。一定規模のEVユーザーがどの程度の比率で充電時間をシフトするかを検証することで、将来EVが大量普及した際の調整力が予測でき、今後のビジネスモデルの評価に重要な指標を得られるという。

 既存のシステムインフラを活用するため、大がかりなシステムを構築することなくEVを電力系統運用の調整力に活用できる。EVの情報監視・制御には日産のテレマティクスシステムを、ユーザーインターフェースと情報の収集管理には充電スタンドの検索サービスアプリ「EVsmart」を活用する。いずれもサービス提供済みであり、実証事業に参加するEVユーザーはスマートフォンにアプリをインストールするだけで新たな装置やコスト負担がかからない。

 参加対象は、日産の商用タイプEV「e-NV200」のモニターである東電HD社員30人と「日産リーフ」を所有する日産社員からの応募者15人の計45人。実験期間は2018年1月末まで。

 東電HDは今後、多様な自動車メーカーの電動車両に対応できるようにする。また、より調整力を高めるために、EVからの放電としてV2Hなどさまざまな充放電装置への対応も進める。また、日産は、今後、EVを活用したVPP実証プログラムを通じ、電力会社とグローバルに提携していくという。

 実証試験の評価結果は、資源エネルギー庁の「平成29年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」の一環として報告する予定。