出力1.865MWの「東浦ソーラーウェイ」
(出所:日本アジアグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本アジアグループは12月13日、愛知県において、出力1.865MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「東浦ソーラーウェイ」が完成したと発表した。

 知多郡東浦町にある、敷地面積約 2万4000m2の土地に立地する。発電事業者は、同社グループの国際航業(東京都千代田区)となる。

 東浦町が公募した「東浦町生路五号地メガソーラー設置に係る土地賃貸借事業」において、国際航業が選定され、2016年2月に着工していた。

 工事、除草、維持管理などの一部を地元へ委託するなど、地域の経済効果に留意しているほか、災害時にも使用可能な非常用電源として、自立運転用のパワーコンディショナー(PCS)や非常用コンセントを配備したり、環境教育を実施するなど、東浦町と協業しながら、同町が目指すまちづくりに寄与したいとしている。

 自立運転用のPCSの出力は10kWとなっている。

 年間発電量は、一般家庭約386世帯の消費電力に相当する量を見込んでいる。発電電力は 全量を中部電力に売電する。

 EPC(設計・調達・施工)サービスは、日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)が担当した。メンテナンスもJAG国際エナジーが担当する。

 太陽光パネルはカナディアン・ソーラー製、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。