NTTドコモは2016年12月15日、中国情報通信研究院(CAICT:China Academy of Information and Communications Technology)と、第5世代移動通信システム(5G)の各種技術の標準化や利用周波数帯域の共同検討に向けた覚書を締結したと発表した。覚書締結に基づき、ドコモはCAICTが主導する「IMT-2020(5G)推進組」が実施する5Gの標準化に向けた技術やシステムを検証する「5Gトライアル」で実験を開始する。

ここからは会員の登録が必要です。