主な採用技術
(出所:セブン-イレブン・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
Colas社による路面型太陽光発電設備「WATTWAY by Colas」
(出所:セブン-イレブン・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
三井物産プラントシステム提供の太陽光パネル
(出所:セブン-イレブン・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は12月7日、同社が入居する「二番町ガーデンビル」内の「セブン‐イレブン千代田二番町店」を、次世代技術を採用したモデル店舗として再オープンした。

 路面型太陽光発電設備や純水素燃料電池など、全体で38社から提案を受けた58種の技術による設備を採用した。同店舗での試用・検証した上で可能なものから全国約1万9900店舗への拡大を検討する。

 国内外のさまざまな分野の企業から「環境負荷の低減」「働きやすさの向上」「快適な店内環境づくり」をテーマとした技術や設備の提案を受け、それらを採用し、「人と環境にやさしい店舗」とした。店舗全体の外部から調達する電力量を約28%削減し、設備に関連する作業時間を1日当たり約5.5時間削減したという。

 環境負荷を低減する設備としては、仏大手建設Bouygues(ブイグ)グループの道路工事会社Colas(コラス)社による路面型太陽光発電設備「WATTWAY by Colas」を採用した。床面に高透過性・高耐久性コーディングを施した太陽光パネルを設置した。アジアでの採用は初めてという。100m2に敷設した場合、発電量は約1万kWh/年を見込み、これは2013年標準店舗で使用する電力量の約7.2%に相当する。

 さらに、岩谷産業による純水素型の燃料電池システムを搭載した。水素ボンベ1本あたり約8時間、発電できる。24時間、稼働した場合の発電量は約1万2264kWh/年を見込み、これは同標準店舗の電力量の約8.8%に相当する。

 また、現行のセブン-イレブン店舗に導入している標準的な太陽光パネルと比べて発電能力が約102%と、高効率の三井物産プラントシステム提供の太陽光パネルを採用した。発電量は1万1424kWh/年を見込み、標準店の約8.2%の電力量に相当する。

 このほかにも、自動調光機能付き店頭看板(三協立山、タテヤマアドバンス提供)、CO2冷媒を使用した冷凍・製造設備(サンデン・リテールシステム、中野冷機、パナソニック提供)、サトウキビ由来のバイオ樹脂(PE)を使ったステッカー(凸版印刷提供)などを採用した。