トーホー・北関東の本社・宇都宮支店の屋上に設置した太陽光パネル
(出所:トーホー)
[画像のクリックで拡大表示]

 トーホーグループで北関東地区における業務用食品卸売事業を手掛けるトーホー・北関東(宇都宮市)は、本社・宇都宮支店の屋上に太陽光発電設備を設置し、11月30日から発電を開始した。発電した電力は全量自家消費し、同施設の電気使用量の2割程度を賄う予定。

 接地面積約1700m2に太陽光パネル1036枚を設置した。出力規模は約280kW。年間に約24万kWhを見込み、これは約123tのCO2排出抑制効果(50年杉8809本分に相当)がある。投資額は約7600万円。なお、太陽光パネルおよびパワーコンディショナー(PCS)のベンダーは非公表。

 トーホーグループは環境保全や省エネに取り組んでおり、これまでに事業所の照明にLEDを導入したり、主要事業所の冷凍・冷蔵庫に省電力制御装置を設置したりしている。事業所屋上や駐車場への太陽光発電設備の設置は今回で3件目、自家消費型は初めてとなる。