Innovari社の「Interactive Energy Platform(IEP)」の概念
(出所:Innovari)
[画像のクリックで拡大表示]

 米National Instruments(NI)社の日本法人である日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI、東京都港区)は10月20日、電力系統に連系する分散エネルギーリソースの最適管理に関して、米Innovari社と技術提携したと発表した。

 今回の提携により、Innovari社の人工知能、ビッグデータの分析機能、独自の最適化用ルーチンなどの技術を組み合わせたプラットフォーム製品「Interactive Energy Platform(IEP)」と、NIの技術をベースに構築したグリッドエッジ(送配電網の末端)用ハードウエアを組み合わせることで、再生可能エネルギーや蓄電池、需要設備など分散エネルギーリソースを最適に管理し、電力の需給バランスを保つシステムを実現するという。

 また、Innovari社は、電力消費機器と電力会社との双方向通信によりグリッドエッジの電力負荷の均衡を保って送電網を最適化し、分散センシングと制御の機能を提供するハードウエア「Energy Agents」を提供する。同製品は、NIのシステム開発プラットフォーム「LabVIEW」と組み込みコンピューター「CompactRIO Single-Boardコントローラ」をベースに設計された。