新モデル(TGX-280PM-WHT-J)
(出所:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、高効率・低価格帯の住宅用太陽光パネルのエコノミーモデル「GXシリーズ」から、公称最大出力280W/枚の新製品「TGX-280PM-WHT-J」を11月20日に発売する。希望小売価格は12万6800円(税別)。

 高効率の単結晶セル(発電素子)を採用したことで、現行GXシリーズ255Wモデルと同じ大きさ(60セル/枚)で、モジュール(パネル)ベースで最大変換効率17.1%を実現した。また、セルの表面に電極を4本配置した「4本バスバー電極」により電極間の送電距離を短くし、電気抵抗による送電ロスを抑えた。

 このほかにも、反射による光の損失を減らす「ARコート(反射低減シート)」によって発電効率を高めた。製品保証期間(出力)は20年、PCSなど構成機器の保証期間は10年間。

 その他の仕様は、公称最大出力動作電圧が31.0V、公称最大出力動作電流が9.02A。公称開放電圧は38.9V。公称短絡電流は9.55A。最大システム電圧は1000V。本体寸法は1650×990×40mm、重さは約19.0kg。