三菱マテリアルの電子材料事業カンパニーは、半導体素子の動作に悪影響を与えるα線放出量を従来品の約50%に抑えたはんだ材料を開発し、2017年10月に量産を開始した。

ここからは会員の登録が必要です。