DICと神奈川工科大学は、3Dプリンターによる造形物に著作権所属や設計者、取り扱い仕様といった情報を埋め込む技術を開発した。近赤外蛍光を発する色素を利用するもので、3Dプリンター造形物の付加価値化を高められるとする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!