スリーエム ジャパン(本社東京)は2017年11月7日、同社の顧客向け技術展示施設「カスタマーテクニカルセンター」(相模原市)の機能を拡充し、自動運転の支援や、土木構造物などの社会インフラ強化をテーマとしたゾーンの開設について意向を明らかにした。同センターはパートナーや顧客企業の技術者や経営者を招き、スリーエムの技術を紹介するとともに、来場者が抱える課題に対して解決策を案出しようとする目的で開設。これまで技術的課題の解決を重視していたが、今後は「社会的課題の解決」もテーマとし、新しいゾーンを加えていく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!