TDKは、車載ネットワーク回路向けに1005型(実装寸法1.0mm×0.5mm)のチップバリスタを開発、量産を始めた。ECU(電子制御ユニット)のネットワークインタフェース部の保護向け。ADAS(先進運転支援システム)や自動運転機能への対応によって電子回路の実装密度が高まっており、従来主流の1608型(同1.6mm×0.8mm)よりも小型品が求められている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!