新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「革新的新構造材料等研究開発」事業において、従来に比べて約2倍の延性(伸び)を持つ難燃性マグネシウム(Mg)合金を開発したと発表した)。鉄道車両などで利用されている高強度アルミニウム合金に匹敵する機械特性を示すことから、鉄道車両や建築部材への難燃性Mg適用に向けた一歩と言える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!