ルテニウム三核錯体が近赤外光によって水素生成を駆動している模式図
(出所:九州大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 九州大学は10月27日、非常に低エネルギーである近赤外光を用いて、水から水素を発生させる実証実験に成功したと発表した。天然の光合成でも利用の難しい長波長域光を人工分子システムで初めて利用できたことで、今後の実用可能な人工光合成システムへの応用が期待されるとしている。

 太陽光を利用して水から水素を製造する技術は、エネルギー問題を解決する有望な技術として盛んに研究されている。しかし、従来のモデルでは波長600nmまでの可視光の領域しか利用できず、十分に太陽光の持つエネルギーを活用できなかった。

 研究グループは今回、分子内に3つのルテニウム中心を含有する金属錯体を光捕集分子に採用することで、近赤外光を用いた水素発生に成功した。今回の成果により、従来のモデルに比べて約2倍の太陽光エネルギーが利用可能になるという。

 今回の研究成果は、ドイツの学術誌「Angewandte Chemie International Edition」に10月16日掲載された。確定版は近日中に掲載される予定。